戦力的にはポテンシャルはある。だから今、耐える事が必要である。

今晩は。ライオンズへの期待を捨てたくはないtthgです。

ふと思ったのだが、今のライオンズは案外戦力的には悪くないように思う。2018の山賊と言われた打線のチームも投手はハッキリ言ってボロボロだった。下記の記事はその苦肉の策として第二先発という提案をした時に書いたものだが、その陣容は酷い。先発で信頼できるのは菊池投手だけ。しかも肩の調子が微妙で爆弾を抱えていた。カスティーヨ投手と高木投手のコンビとかは明らかに怖すぎだし、平井投手や今井投手は今のような安定感はなかった。十亀投手は今の方が調子が良いぐらいだ。

sinndarさんから改善案をご提案頂いた第二先発制について再度検討してみた。

それに比べて高橋投手は安定して7回投げてくれるし、今井投手や平井投手も6回は期待できるようになって来た。松本投手やダーモディ投手も5回ぐらいなら投げてくれそうだし、上間投手や本田投手もそれに準ずる。第二先発は3枚有ればローテは回るし、週1で良いので4回80球ぐらい投げてもらっても支障はない。候補も十亀投手、与座投手、本田投手、佐野投手、武隈投手、内海投手など頭数はそろう。ニール投手が戻ってくる時には、上間投手、ターモディ投手とかも第二先発候補になる。

そこで例えば森脇投手、ギャレット投手、平良投手で勝ちパターンを形成し、高橋投手、今井投手、平井投手の時だけ投げさせてそれ以外を第二先発で賄うという想定でも十分やれる。勝ちパターンと第二先発を交互に使えば当面連投避けて勝ちパターンに完全休養日を作る事だってできる。少なくとも2018より投手は良いと断言できる。



打線はというと流石に2018のクオリティはない。上記と同時期に書きた打線の提案だが破壊力は明らかに上だ。

菊池投手の肩不安と浅村選手の怪我を前提とした打線提案と第二先発制改定案

ただ、昨日の打線が8番外崎選手9番若林選手だったらと思ったら決して悪くはないだろう。栗山選手は通年レフトは厳しいのでレフト外崎選手、DH栗山選手、セカンド呉選手とかでもありだ。セカンドは守備重視で山田選手で呉選手はファースト、DH山川選手で栗山選手代打待機も面白い。長打力は不足しているが二軍で無双している渡部選手が夏場にブレイクデモしてくれてサードに収まれば面白い。DHとファーストを山川選手、栗山選手、中村選手、呉選手で争うか山田選手を下げて外崎選手セカンド栗山選手レフトを含めてバリエーションを増やせる。

勿論今2点打線なのは事実だし、課題は多い。ただ、願望込みであることは認めるが、呉選手と愛斗選手のブレイクに山田選手の現実な守備というオプションを手にした今の打線は山賊とは言わないものの去年よりはかなりマシな陣容になっている。噛み合った時にはコンスタントに3-4点取ってもおかしくはない。そのポテンシャルを活かせる運用や指導が必要なのは確かだが、戦力的にノーチャンスではない。特に今年は混戦模様で夏場に以降の紛れの可能性は大いにある。打線が良くなった時に投手が安定していれば2019シーズンのような追い上げのというシナリオに期待できる状況だ。

だからこそ今我慢なのである。これ以上中継ぎに故障や不調が増えないようして宮川投手と増田投手が復調してくればまだまだ上位は狙える。そこを念頭に置いて耐えて欲しいと思う。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事を評価頂けるようでしたら下記のバナーのクリックをお願いします。本ブログのブログ村におけるランキングが上がりtthgのモチベーションになります。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



本ブログは管理上の理由からコメント欄を停止しています。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

ブログの記事を更新した時は必ずTwitterでも更新通知のツイートをしますので定期的に本ブログを読みに来ている方はTwitterで@tthg1994をフォローして頂くと記事の更新状況がタイムラインに流せるので便利です。

たまにYouTubeで動画も上げています。宜しければ下記からご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UCedqHtm7vbRlGHExQODI8YA

twitterでフォロー