ヒーローインタビューをプロレス風に改善すればプロ野球はエンターテイメントとして更に面白くなる。

お早うございます。演技力も野球人の一つの力と考えるtthgです。

突然だが、「正直今日のヒーローインタビューつまんないな」と思うことはないだろうか。インタビャーが下手なこともあれば選手が口下手ということもある。いずれにせよ折角勝ったチームのファンが勝利の余韻に浸りたいというのにマイクで滑るのはもったいない。プロ野球もエンターテイメントなのだから「マイクで盛り上げる」ことも一つの演出と考えるべきだ。

そこで、一つ参考になるのがプロレスや総合格闘技の世界だ。このジャンルでは「マイク力」も実力のうちという考え方でファンも「マイクうまいよな」みたいな評価をしている。分かりやすい例で言うと現チャンピオンが勝った試合の後に次期挑戦者候補が乱入してきて「次は俺と対戦しろ」とマイクアピールをする。前座の試合で勝った有望な若手がマイクを持って「○○さん次は俺とやれ」とアピールする。などである。また試合前のインタビューを映像にとって「○○(対戦相手)は俺の足元にも及ばない。秒殺だ」とか言ってあおり、それに背景映像やBGMをいれて「煽りビデオ」を作成し試合前に流したりしている。アメリカのプロレス団体だとこのあたりも含めてシナリオライターが演出を考えたりしている。



プロレスの世界では試合の結果まで事前に決めて長いスパンでストーリーを作って煽ったりしているが、プロ野球の世界でそうした八百長はもちろんできない。しかし、「マイクであおる」部分に関しては取り入れても良いだろう。例えば、来季浅村選手と初めて対戦するライオンズの予告先発の投手が「我々を裏切って石井さんのとこに言った浅村には絶対打たせません。もちろんインコースは厳しくいきます。」とコメントをする。そしてそれを煽りビデオにして試合前に流す。その投手が抑えたらヒーローインタビューで「裏切り者を成敗したぞ。」と威勢よく言い放つ。逆に浅村選手が打ったら「俺を抑える?百年早いわ。大体お前らが情けなくて俺がいくら打っても勝てないから移籍したんじゃ」とか言ってみる。試合はライオンズが勝ったが浅村選手は打ったとかならヒーローインタビューではなく上記のようなコメントを短く撮影してyoutubeにでも上げておけばいい。

これらをシナリオライターを雇い、試合結果に応じて試合後のマイクのやり方を企画してもらったり、事前の煽りVの案をだしてもらい、演出としてやれば良い。もちろん試合の準備に影響しないよう煽りのコメントは短く単純なものに抑えるよう配慮は必要だ。野村監督が時に長嶋監督を揶揄するコメントが随分と新聞紙上を賑わせたが、あれをもう少し派手にかつ意図的にやればいいのである。選手たちも最初はぎこちない風でも良いが少しづつ演技力を身に付けてくれればいい。ファン感の辻監督の(浅村選手への)「インコース気を付けて」で盛り上がるのだからちょっとした工夫で随分と変わると思うのだが。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村
 

twitterでフォロー

ヒーローインタビューをプロレス風に改善すればプロ野球はエンターテイメントとして更に面白くなる。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    面白いと思いますね
    これは成績に関係せず、こんなことをやれば、平日だってメラドはそこそこ入るだろうし、色々と工夫することで、ライオンズの悪いものを払拭できるかもしれませんね。
     確かにインタビューを聞いていても、最初は笑えた山川も私に言わせれば「また、爺ちゃん、婆ちゃんのネタか」と思いました。2年連続同じでしたから。
     でも予告に今日は必ずホームランでねじ伏せる、などと言ったりすればメディアが注目するし、金子侑が今日は複数盗塁しますなどと宣言し、甲斐から盗塁すれば、「どうだこの足を見たか」など、挑発的でちょっと危険ですが、面白いですね
     私が見た中で挑発的だったのは、2017.9.17の牧田投手のインタビューですね。いままでのぶんはCSでやり返す、まあその時は残念ながら駄目でしたが
     でも来期は、楽天、バンクの他、交流戦で超金満球団との戦い、こんな時に事前インタビューでそれが達成されればインタビューでVサインなどをし、面白いと思います
     ただ勝って、「最高の気分です」などと言っている時代はもう遅いのかもしれませんし、こんなことをやって観客動員が少しでも伸びれば(現状はどうやって最小限に食いとどめるか)いいと思うし、この提案には賛成です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください