菊池投手への大甘査定と、山川選手の交渉へのマイナス。

スポンサーリンク



Pocket

お早うございます。球団の杜撰な査定に困惑しているtthgです。

昨日菊池投手の契約更改があり、上記のように1.4億円増。正直高すぎる。確かに今年の菊池投手は素晴らしい成績だった。しかし、菊池投手はすでに1億もらっている選手である。億単位の年俸をもらっている投手に期待される成績は、1,000万の投手に比べて高くなる。今年の成績は数字だけでも「期待通りではあるが、期待以上ではない」。

加えて、肝心のホークス戦で0勝4敗。しかも惜しくも負けたではなく、滅多打ちにあいどう考えても投手の責任で負けた試合ばかりである。菊池投手は「エース」として期待されている投手であり、エースは上位との試合で勝つことが期待される。その期待に応えられなかった菊池投手の査定は厳しくなってしかるべきである。

さらに言うと、ライオンズの査定は「3年やってなんぼ」が基本であり、継続性を高く評価するはずであるが、菊池投手は一体何年活躍したのだろうか。どうひいき目にみても、きちんと活躍したシーズンは去年と今年だけ。しかも去年は本部長がお好きな「通年」ではなかった。これでは、倍増すらあり得ないというのがtthgの見解である。

おそらく、メジャー挑戦への引き留め工作のつもりなのだろうが、メジャーのトップの年俸は二桁億の世界。田中将大投手が20億を超える年俸を獲得している。菊池投手の目線は、ここにあるのではり、1億ちょっとの金で解決できる問題ではない。本気でメジャー挑戦を阻止しようと思ったら、5億の5年契約位を提示して、プラスアルファ金では買えないなにかを提供しないと話にならない。(この選択は年俸バランスが崩れるので、tthg的にはお勧めしないが)

仮に、メジャー挑戦を阻止できるだけの自信がなく、数年でいなくなりそうなのであれば、調停で負けない範囲で安く抑えて、他の選手に投資した方がなんぼかましである。今回のような中途半端な対応では金だけ失って、エースも失うという最悪の未来しか見えない。

一方、先日、山川選手の提示額について低すぎると意見を書いた(記事を書いた後、球団提示がさらに低い可能性が判明した)が菊池投手は高すぎる。これは、今後の山川選手との交渉がさらに困難になったことを意味する。少なくともtthgだったら、「ホークス戦全くダメだった雄星さんがあれほどアップするなら、ホークス戦12試合で打率0.325本塁打4打点11をあげた私はもっと上がるべき」とゴネる。そして、来オフにもメジャー挑戦が有り得る菊池投手より、山川選手のほうに投資すべき理由もある。とりあえず、次回の交渉でしっかり譲歩しないと本気で調停行きの状況であることを球団側は十分認識して欲しい。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください