衝撃の契約更改。浅村選手単年、山川選手保留

スポンサーリンク



Pocket

今晩は。表題のニュースの衝撃にうなだれているtthgです。

まずは、浅村選手の契約更改。

なんと単年。FA前年の単年はフラグとしか思えません。数字も良かったが、数字以上にキャプテンとして重責を担って通年活躍したのは立派としか言いようがない。またも背番号3は流出なのか。悲しくて文句も出てこない。

もっと衝撃だったのが山川選手の保留

球団の提示額がいくらか不明なので、確かなことはわからないが、異常事態であることは間違いない。確かに、今年通年活躍していない点は大きな減点材料である。しかし、今年の山川選手の後半戦の活躍は尋常ではなかった。メヒア選手と中村選手の不調を一人で補い、4番の重責をになった。彼なくして一瞬でもリーグ優勝の期待を持てる状況まで盛り返すことなどありえなかった。通年でない点を考慮しても相当高い評価が妥当な状況だ。一体球団の提示額はいくらだったのか。一つ参考になるのが、金子選手への提示。200万増の5,000万円。

金子選手も通年活躍できなかったが、後半の追い上げにはそこそこ貢献した選手。彼をベースで考えると、1,000万増の2,600万とか提示したのではないかと疑っている。山川選手のメディアにでるコメンから受ける印象では相当なナイスガイである。その彼の保留は相当低い提示だったと推測する。

契約更改でもめた選手と長い付き合いができるケースはまれである。球団側は活躍できなかった時に他の選手より辛めの判断になるし、不満が蓄積した選手はFA確率があがる。今年の山川選手ともめるようでは、来年以降活躍しようがしまいがもめる未来しか見えない。

最後に二人の契約更改が衝撃の結果に終わった遠因として「メヒア選手への高額契約」があったとtthgは考えている。メヒア選手は報道ベースで3年15億で来年も5億が保証されている。通年活躍した浅村選手はもとより、途中からでもメヒア選手を上回る活躍をした山川選手からしても、「メヒアがあれだけもらってるのに」と考えない方がおかしい。中村選手のFA懸念を検討した下記の記事でも指摘したが、この大型契約は本当に失敗だった。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください