エンス投手で終わりでない事を期待する。しかし、ライオンズのフロントに何とかしようという意図が見えたの良かった。

おはようございます。エンス投手獲得に驚くtthgです。

下記の通りライオンズがディートリック・エンス投手の獲得を発表した。年俸は1億との事。またどうも更に億位の譲渡金まで発生するとの情報もあり、これは球団の(補充ではなく)補強の意図がハッキリしている契約と言える。
https://www.sanspo.com/article/20211122-YDUGOW2GHJIWXJFKXDC3CH365Y/

tthg的には、下記の通り、球団が節約に走っているので外国人も安価なタイプで最低限の補充に終わると予想していたので予想を大きく外してしまった。この点について球団に対して好き勝手言った事を申し訳なく思う。また、この状況でも補強してくれた事に感謝したい。

渡辺GM(ライオンズフロント)には余っている支配下を「他球団の戦力外からの補充」ではなく、外国人補強に使って欲しい。



ただし、これで終わってもらっては困る。これまでも繰り返し書いてきたが、急激に弱体化したチームを立て直すには外国人を4人当てないといけない。エンス投手に期待ができるとしても、それは確実な話でない。鳴り物入りの外国人が大コケするのはプロ野球アルアルである。

まず最低でも4人の外国人はそれなりに期待値の高い外国人をそろえてもらわないといけない。また、その4人がコケた時の保険として複数名のバックアップ要員も欲しい。4人外国人をとっても支配下枠は5-6枠は空いているのだからそこを使い切って欲しい。

現場的には苦しい状況だろうが、勝ちに行くためには必要な事である。日本シリーズを見ても外国人を当てたスワローズの打線は厚みが違う。マリーンズは貧打だが、2人の外国人の長打力で上位争いできる打線になった。今の混戦のパリーグでは外国人の良し悪しで大きく順位が変わる可能性がある。何とか今噂されているテイラージョーンズ選手などを獲得してほしいものである。

それでもやはり、球団に何とかしようという意図がハッキリ見えたのは良かった。例え結果が出なくても、ヤル気が見えるたかどうかは大きな違いである。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事を評価頂けるようでしたら下記のバナーのクリックをお願いします。本ブログのブログ村におけるランキングが上がりtthgのモチベーションになります。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



本ブログは管理上の理由からコメント欄を停止しています。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

ブログの記事を更新した時は必ずTwitterでも更新通知のツイートをしますので定期的に本ブログを読みに来ている方はTwitterで@tthg1994をフォローして頂くと記事の更新状況がタイムラインに流せるので便利です。

たまにYouTubeで動画も上げています。宜しければ下記からご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UCedqHtm7vbRlGHExQODI8YA

twitterでフォロー