メットライフドームの歴史的価値

おはようございます。真夏のダブルヘッダーへ向かうtthgです。

実は今日メットライフドームへ向かっている。おそらくこのブログを覗きに来る多くの方は「今日はヤフオクだろ」と突っ込む筈だ。そう。行き先はメットライフだが用件はライオンズではなくGLAYのライブである。ライオンズファンであり、GLAYファンであるtthg的にはたまらんコラボなのである。という事でシーズン中で試合時間とかぶるライブに行く事にした。ただ、今日はライブが終わり次第、ライオンズ戦の中継が見られる所沢のバーに移動し、sinndarさんと応援する予定である。(sinndarさんは先に待っている予定)時間的には8時過ぎからスマホで中継を見ながら所沢着は9時過ぎ。ライブ堪能してからフィナーレにsinndarさんと共に歓喜の瞬間を共有というダブルヘッダーになったら最高である。



さて、今日のお題はメットライフドームの歴史的価値について。まずtthgがGLAYのファンクラブ企画の今日のライブの特派員(ライブの観戦記者としてファンクラブから派遣される企画)に応募しようとした時に書いたメットライフドームについての作文をご覧いただきたい。(作文は書いたけど特派員企画は諸事情で応募しなかった)

メットライフドームは日本人にとって特別な場所である。

昭和の時代野球は「巨人、大鵬、卵焼き」と称されるほど生活の一部として浸透していた。大鵬関は日本の国技である相撲の大横綱だが、昭和の時代はその大鵬関に巨人という野球チームが並列に語られいた。この事実は野球というスポーツが、日本人にとって非常に大きな存在であったことを示す証拠である。日本人にとっての野球の価値は令和の時代に入っても変わらない。プロ野球の観客動員は未だに右肩上がりで、日本で年間2,500万人もの観客を集めるスポーツは他にない。

その国民的スポーツである野球の歴史において、メットライフドームは特別な場所である。昭和から平成に差し掛かる時代、まだメットライフドームが西武球場と呼ばれた時代、この場所を本拠地としていた西武ライオンズというチームが無類の強さを誇っていた。昭和57年から平成6年までの13年間に11度のリーグ優勝8度の日本一。この西武ライオンズの記録は、昭和の時代に大鵬関と並び称されていた巨人のVナインに勝るとも劣らない大記録である。そしてメットライフドームはその強いライオンズの全てを見届けた歴史の証人である。巨人のVナインを見守った後楽園球場が現存しないことを考慮すれば、現存の野球場の歴史的価値の序列を付けた時、メットライフドームの順位は相当高いものになる。

日本の国技である相撲において最も格式の高い場所である国技館で行われるアーチストのコンサートが特別なものであるように、プロ野球の歴史において重要な地位を占めるメットライフドームにおけるコンサートも特別なものである。その場所でGLAYが演奏する時どんなコラボレーションが生まれるのか。考えただけでも気分は高揚する。

図らずもこの作文を書いてメットライフドームの野球場としての価値を考えさせられた。歴史のある野球場として現存しているのは甲子園や神宮もある。しかし、これらの球場を本拠地としてチームは黄金時代ライオンズのような強さ故に歴史に名を残してはいない。(ある意味神宮はライオンズが歴史的名勝負を演じた球場でもあるが)故に歴史的価値のベクトルが違う。史上最強とも言われるチームの歴史を見届けてきたメットライフドームの野球場としての歴史的価値は決して小さくない。そう考えるとその球場で野球を観戦できる事は幸せな事だ。これからメットライフに行く時はそうした野球史に少しだけ思いを巡らせてみたいと思う。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

メットライフドームの歴史的価値” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    ご苦労様です

     熱中症にお気をつけください

     あまり酷い試合にならないといいが。私の常宿のオーナーさんが最悪なゲームを観に行っていたそうで、まあこういうこともあるからとさばさばしてた。しかし地元の方はいい、高い旅費をかけ観に行った方は最悪な思いだっただろうに

     今日はヤフオクは最悪、でも暑い中ではなく適温でやれるのだからやって貰ういしかない

    1. tthg より:

      遠征組みは1回が痛恨の一撃ですから、そうならないよう選手達は頑張って欲しいです。アーチストのライブは屋内だと相当な事がないと満足して帰れるのでその点はありがたいですね。

  2. 越後の侍 より:

    まだ試合中ですが、源田心配です

     まあ神頼みするしかないです。でも最悪3連敗しないこと、そして鷹の祭典に勝つこと、これを目標に応援するしかない。今後の育成の課題、リスク管理がもろに出てしまった。楽天戦まで永江に頑張ってもらうことになるかも

    1. tthg より:

      源田選手が抜けるのは痛いすぎです。無事であって欲しいです。

  3. 越後の侍 より:

     源ちゃんは大丈夫と信じます

     しかし光成がねえ8回まで100点、8回はマイナス100点、差し引き0点です

     まあ勝ったことだけが救い

     若手を使わないウソつき小野、入れ替えしないウソつき、もう今シーズン限り消えてもらいましょう、ネット発言はなんだったのか。小川は責めたいけどあれこそパワハラ

     どうでした。ファンの方のご意見は。少しは違って安心材料を言ってくれるといいんですが

    1. tthg より:

      若手使うなら8回頭からです。8回光成投手に任せてブルペンで誰も投げてないのが中継で映りました。そして後手なら周り肩が早く疲れる小石投手ですから。どうにもなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください