相手の拙攻とミスにつけこんで、勝利。(2019年8月12対マリーンズ観戦記)

今晩は。旅行帰りで疲労困憊のtthgです。

旅行帰りで試合見るのが遅れたので今日は出来るだけコンパクトに振り返ります。

まず懸念材料から。源田選手に加えて今日から金子選手が復帰。2人ともボテボテの内野ゴ力疾走という場面があったが、tthg的にはベストのスピードで走れているのか疑問だった。源田選手についてはショート守備でいつもより打球に追いつけていないようにも感じる。彼等は足に問題があると価値が著しく損なわれるのでそこは今後、注視していきたい。

これだけ大差で勝ってて小川投手の三連投内二回回マタギとか異常すぎる。もはや首脳陣は1人の故障者を出した時点でこの起用に反対したと明確な証拠がない者は総辞職もんである。



さて、試合はマリーンズの一方的な独り相撲が試合の行方を大きく左右した。1点先制したは良いけど、拙攻続きで挙句の果てにタイムリーエラー二つでは試合の流れを失う。

ライオンズ側としては、5回表にタイムリーエラーの後木村選手の浅いセンターフライでギャンブルしてサードランナーをホーム突入させたことが大きかった。流れ的に相手が良いバックホームをしてくる可能性は低いとは言え、失敗すれば失うものは大きい。そこを勇気を持って決断できた黒田コーチの英断だった。

その後は雪崩を打って大量点差がついた上、山川選手に1発が出た。まあこれで完調になる保証はないが、キッカケにはなり得るし、チャンスと見た時に一気に叩きに行けるようになったのは今日に限らず大きい。

ホークスが勝ってしまって喜びは減少したが、それでも3タテはチームにとって大きい。ホークスに関しては成績を見る限りデスパイネ選手のおお当たりが要因で、抑えたといえ後ろの投手がバタバタしてる。デスパイネ選手が同じペースで打てるなら諦めたがそうも思えないのでまた少し余裕がある?と疑っている。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

相手の拙攻とミスにつけこんで、勝利。(2019年8月12対マリーンズ観戦記)” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    ホントシーズン終了後、小野コーチ解雇ですよ、幾等マーティン使わなくとも、敗戦処理、意外とスターターとして使えたかもしれない

     巨人戦を見てましたが、日曜の勝利の日、第二先発用意してたとか。擁護の意味ではないが敗戦処理で多和田上げた方が良かった

  2. 越後の侍 より:

    ちょっと話題変えますが、暑さ異常ですね

     まあメットライフはそんなもんじゃないけど
     
     体調気をつけて応援しましょう。9月には必ず勝利を見届けたいです

    1. tthg より:

      そうですね。こっちまで暑さに倒れてはなんにもなりませんので。

  3. 越後の侍 より:

    なんか嬉しくない勝利です。

     ホント荒れ試合、まあ森は大した事は無いが、駒月のレベルの低さ、育成の話ではない。論外。でもこうするしかないんでしょうね

     主軸の3人、小川、平井、増田、これを使わなかった、当然です。まあいいことはこれ位。山岡か厳しいな
    台湾デーの勝率に賭けましょう。まあ勝てたことは喜びますが反省点が多かったのでは

    1. tthg より:

      個人的には平良投手の連投が気になります。

      駒月選手については平良投手が制球定まらない状態だったので評価不能というのが私の意見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください