FA、ポスティング後の残留の負の側面について~野上投手と、牧田投手の今後~

スポンサーリンク



Pocket

今日は。tthgです。FA、ポスティング後残留の負の側面について

ライオンズの今一番の懸案事項はFA宣言した野上投手とポスティング申請した牧田投手の残留だろう。残留による戦力的なプラスは非常に大きい。しかし、こうしたケースはプラスだけではないというのがtthgの意見である。

こうしたケースの負の側面とは「周りの選手の気持ち」である。FAやポスティングで主力がチームさったら、チームの優勝確率は確実に下がる。特に豊富な資金や戦力をもたないライオンズのようなチームは特にそうだ。さらに言えば、今年のライオンズは後半若手の台頭により、来年以降に期待が持てるシーズンだった。その状況で、二人が抜けたら、「これでは勝てない」と落胆する選手が出てくるのは当然のことだ。

優勝への思いが強い、選手ほど、「二人が抜けては困る」と思うはずだ。それでも、「彼らには彼らの事情がある」と冷静になれるタイプは良いが、「どうして今出ていくんだ」と感情的になる選手が出てきたら、状況は複雑である。その状況で、残留しても感情的もつれた関係はそう簡単には回復できない。

会社で例えて言えば、来年の大型プロジェクト案件を進めるチームを組んだのに、案件が佳境に差し掛かった段階で、主力の係長と主任が同時に「転職したいんで辞めます」と宣言してから、いい職がなかったんでもどってくる。みたいな状況である。これで、戻った後に前と同じようにやるというは相当人間的にできた人でないと無理である。

当然いい大人だから、あからさまに批判したりしないだろうが、火種は残る。来季彼らが結果を残しているときは良いが、ちょっと不調に陥った段階で感情的にもつれた選手から、不満の声が聞こえてくるという状況はそれなりの確率で起こり得る。

ファン感のトークショーで、ファンへのメッセージをとなった時に、どこからともなく「野上は最後ね」という声が上がり、微妙な空気が流れていたが、周りの選手の微妙な気持ちが漏れ伝わってくる感じだった。

確実にもつれる。とは断言しないが、残留したら、全てチャラとは限らないことだけは確かである。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

#埼玉西武ライオンズ #seibulions

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください