選手のメジャー挑戦は、一個人の挑戦ではなく、日本プロ野球界全体の挑戦である。

スポンサーリンク



Pocket

今晩は。tthgです。メジャー挑戦について。

最近ポスティング改定の同行が注目されている。とりあえず、今年はそれなりのお金が日本に入るが、来年から、契約金に連動した形になるとか。基本的にメジャーは、日本に払う移籍金を減らしたい意向を示している。それは、基本的にもっともな話だ。なぜなら「メジャーが考えていたほどに、日本人が活躍していない」からだ。最近野手は壊滅状態、投手も松坂投手にはじまり、ダルビッシュ投手、田中将大投手、前田投手と渡米後数年で重大な怪我が発覚している。これでは高い金を払いたくないとなってしかるべきである。

一方、日本球界では、メジャーの途方もない年俸を目指して渡米したい選手は今もいる。ライオンズも牧田投手が今年挑戦する予定だ。そして、大谷選手のような稀有な才能になれば、なるほど向こうに行きたいという状況だ。このままでは、「日本が手塩にかけて育てた才能が安く買いたたかれる」という方向になりかねない。

まずは、渡米する選手には、「日本プロ野球界」の看板を背負っている。という認識を持ってほしい。メジャーでの失敗は「単なる個人の失敗」ではすまない。メジャーの日本人への評価が下がれば、自分の所属球団及び、日本プロ野球界が損害を被る。だから、行くなら「絶対に成功する」という強い意志を持ち、万全の準備をして欲しい。昨日のファン感のインタビューで牧田投手は英語について「全くしてません」と言っていたが、正直がっかりした。メジャー挑戦の意思があるなら、英語ぐらい勉強しからにしてほしい。言葉が分からないストレスで本業に差し障るのは全く持って勿体ない。

準備できることは、いくらでもある。投手ならメジャーの使用球で自分の変化球がどう変化し、どれが有効か探ること。打者ならメジャー使用球でのツーシームの変化を体感すること。向こうのストライクゾーンを想定したピッチング練習やバッティング練習。メジャーの習慣の違いなどを経験者に聞きに行く。これらのことは素人でも分かる対策なのだから当然に、挑戦前に数年かけてやっておくべきである。

それから、メジャーでの体調管理。特に投手は怪我でリタイアが続いている。田中投手などは楽天の末期にすでに肘が痛かったと公言しているが、正直とんでもない話だ。結果的に保存療法で上手くいっているが、一歩間違えばヤンキースから「詐欺」とののしられてもしかるべき事態である。メジャーに行って数年活躍したけど、怪我でメジャーの球団に迷惑をかけて戻ってきましたはなしにしてもらいたい。メジャーに行くなら、その前に自分の肩や肘に問題がないか、確認し、問題があればやめるべきである。

また、メジャーは試合数が多く、休養日もない。加えて国内でも時差があるほど移動が激しい。相当過酷な状況であることは多くのメジャー経験者が証言している。その状況を踏まえれば、日本にいる時からそれを想定してトレーニングをするべきだ。周りが休んで遊んでいるときにも自分だけ練習し体を動かす。ぐらいのことは当然やっているべきだし、時差に適応するために睡眠のメカニズムについて勉強するといったことも必要だろう。

球界としても、メジャー挑戦する選手の成功を後押しすることは必要である。まずは、使用球はメジャーに合わせるべきである。動くとか滑るとか無用なアジャストは邪魔なだけだし、国際試合で同様の問題が起こりにくくなる。

怪我についてはもっと球界として研究をし、怪我の防止に努めることが必要である。また入団時からメディカルチェックはしっかりやるべきだ。前田投手などは入団前からメディカルチェックで引っかかっていたが、日本で毎年それをやっていれば、違った結果もあり得た。さらに言えば、ドラフトの前にチェックして、異常のあるものを指名しない、あるいは下位に指名すれば、「入団したけど、一年目から怪我で全くだめでした」も防げるか、被害も最小限ですむ。

メジャーに挑戦するなら、球界と選手が一丸となって、「日本プロ野球界全体が+の評価を勝ち得る」ことが、日本がメジャーの下部組織化しないようにするための最善の方法である。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください