ライオンズはオープナー導入を検討されたし。

今晩は。松坂投手獲得にはあえて触れないtthgです。

先日球辞苑の今シーズン初回を見ていたら、メジャー通のAKI猪瀬氏がメジャーのオープナーのモデルケースは右腕の剛腕から左腕の軟投派という話をしていた。その狙いは違うタイプをつなぐ事で幻惑効果を狙っているとの事である。これを観てtthgは嬉しくなった。なぜかというとtthgは下記の通り、先発と違うタイプを中継ぎで使う事を提言した事があるからだ。モチロン、メジャーの戦術として実践例があるから正解とは限らず、実は効果がありませんでしたという事もある。それでも、自分が提言した戦略が部分的にでも実践されるのは嬉しい。

同じ投手でも前に投げている投手によって実力は変わる。

ところで、この放送を観て、今のライオンズにはオープナーという戦術が合っているのでは?という思いに至った。今日はその事について語りたい。



まず、今年のライオンズに散見されたのが、4-5点差あるのに、増田投手や平井投手を無駄遣いする継投である。その結果二人は勝ちパターンなのに登板数に比べてセーブやホールドや数がすくなかった。今のライオンズは勝つ時は大勝する方が多く勝ちパターンの使い方が難しい。(秋山選手が抜けて打力低下という懸念はあるが、打高投低の傾向は来年も続くはず。)

一方で、先発投手が長い回投げられず後ろが疲弊しがちである。オープナーの最大の利点は先発投手が下位打線と多く当たるので先発が長持ちしやすいという事である。また、増田投手と本田投手、榎田投手、ニール投手、内海投手、松坂投手あたりはタイプが異なるので組み合わせた時の相乗効果も見込める。

思い切ってオープナーやってみてはどうだろうか。増田投手一人では毎試合は厳しいので同じ剛腕タイプの平良投手と2人でオープナーを務める。6連戦以上の時は真ん中のカードで一つ休みを入れればかなりの試合で中2でオープナーを務められる。登板試合数は増えるが、連投がなく、最低中1日完全オフがあるので今の起用法と負荷は変わらないはずだ。

先発がコンスタントに6回投げてくれれば残りは2回。大差ついていれば佐野投手で良いし、2人は獲得されるはずの外人で回す。平井投手が健在なら3人確保できる。先発の状況次第で松本投手もありだろう。後は野田投手、武隈投手、大将投手、相内投手、小川投手などでなんとか勝ちパターンに食い込んでくれたらなんとかなる。

多分に外人頼みではあるが、選択肢の一つとしては検討すべき案ではないだろうか。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

本ブログはコメント欄を設けておりません。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー