菊池投手よ。敢えて言いたい。あなたのメジャー挑戦は「無謀な挑戦」だ。

Pocket

おはようございます。一昨日の飲み会の影響で昨夜は爆睡したtthgです。

今朝の報道によると、球団は菊池投手のメジャー挑戦については寛容な姿勢であるようだ。

菊池投手もメジャー志向であることは明白なので、このままメジャー挑戦となる可能性が高い。おそらく、今からtthgがこのブログで何を言おうがこの流れが変わるとは考えにくい。しかし、あえて言いたい。この挑戦は「無謀である」と。

一つ目の理由は「故障リスク」である。高卒後数年菊池投手は故障に悩まされていた。ひどい時は今より10キロ以上球速が落ちていたこともあった。昨年やっとフルシーズン戦うことができたが、今年はまた肩の故障で離脱があり不安定な投球だった。メジャーでは中4日登板や滑るボールなどにより、故障リスクは更に高くなる。今年も大谷投手がトミージョンを余儀なくされている。菊池投手の故障リスクは相当高く最悪の場合は海を渡ってすぐ故障して再起不能という事態も有り得る。

次に、コントロール。今年の菊池投手は、終盤に球の力は取り戻したが、制球力は安定していなかった。150オーバーでも逆球や高めが多かった。一部報道ではメジャースカウトも3-2になることが多いと懸念されていた。いかに150オーバーの左腕とは言え、メジャーの打者は速球には強く真ん中付近にくれば打ってくる。今年の菊池投手の状態では如何に球速があろうとも真ん中付近の球を痛打されてろくに勝てないはずだ。少なくとも昨年の制球力を取り戻さないと成功するのは厳しい。

最後は、メンタル。菊池投手の今年最後の登板はCSファイナルの第1戦のホークス戦。やっと今年ホークス相手に初勝利を挙げて、「CSでも」と期待したが、滅多打ちだった。tthgは正直失望した。ここ一番で勝てないようなヤワなメンタルで海を渡って異国の地で結果を残すのは厳しい。メジャーでは「助っ人」扱いで、高額の年俸に比例してファンやメディアの目は厳しくなる。少しでも結果を残せなければ容赦ない罵声が浴びせられる。その過酷な環境を考えた時、「CSのホークス」ごときにビビっているようでは話にならない。

正直、これだけ不安要素があって菊池投手がメジャーで成功できるとは思えない。菊池投手に聞きたい。「これだけ不安要素があっても、辻監督の涙とCSで大差負けでも大声援を送るファンの声を無視するほどメジャーが重要ですか?」と。せめて来季上記の不安をすべて吹き飛ばした上で「この男が世界でどれだけ通用するか見たい」と思わせるような投球をしてから挑戦してもらいたい。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください