ドラフトに過度な期待はしない

スポンサーリンク



Pocket

CSも終わりドラフトが目前に迫ってきた。Twitterで清宮君の話題を少しふれたが、基本的にはドラフトでライオンズが誰を指名しようとそれに一喜一憂しないのが私のスタンスだ。なぜかというと、ドラフト時点では「どれが当たりくじなのか分からない」からだ。報道レベルで「今年の目玉」と言われ抽選までした挙句、さっぱりの選手はごまんといる。ましてや「来年レギュラーを務めるレベルの選手」なんてどこに転がっているか分からない。今年の源田選手は奇跡的な存在である。しかも源田選手はドラフト時点で「第二の永江」とかディスられていた選手で、「今年の目玉」に該当する選手ではなかった。

私は、アマチュア野球をくまなく見て、過去の選手と比較して技術的な根拠を持ってドラフト候補生を見極めるだけの力がないので、ドラフトの評価については基本的に保留することにしている。そして、ドラフトでライオンズに入った選手が一軍で活躍し始めたら本気で応援することにしている。(一塁とDHに空きがないのに抽選までして清宮君を指名するのはリスキーぐらいの判断はできるが)

幸い、ライオンズのスカウトは比較的優秀で、年に1-2人は一軍で複数年活躍する選手を取っており、
「誰かはわからないけど、指名した選手の内誰かはそのうち活躍するだろう」という計算は立つ。(というか、金銭面でそれ以外の補強方法が限られるので、ドラフトがメインの補強手段になる。)

きたるドラフトで、目玉候補を獲得できなくても、獲得した選手の中には数年後レギュラーになる選手が必ずいる信じて、気長に結果を待ちたい。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください