選手会にはマリーンズとの年俸減額交渉について冷静な対応をお願いしたい。

おはようございます。マリーンズが心配なtthgです。

色々語りたいテーマはたくさんあるのだが、昨日夜どうしても語りたいニュースが出たので今日はそれについて。そのニュースは下記のマリーンズが年俸査定を一律25%を基準にスタートすると選手に通告し、選手会がそれに講義したという件。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112050000910.html

球団が側は否定しているようなので、減額幅が報道の通りかという点は確定ではない。ただ、選手会が動いたという事はある程度厳しいオファーを出した事は間違いないだろう。そして、マリーンズがは今季優勝争いをしていて良く頑張ったシーズンなのでそこで減額するとしたら選手会が怒るのも仕方ない。



しかし、tthg的には選手会には冷静な対応をお願いしたい。特にマリーンズファンの気持ちを最優先に考えてほしい。今、マリーンズに限らず球団には現金は足りていない。マリーンズが去年優勝争いをしても観客動員が例年の最下位チームにも遠く及ばないわけだからそれは概ね仕方ない事である。選手に責任はないとしても、球団にもその責任は基本的にない。

ここで球団側を追い詰めて通常査定を勝ち取ったとしても、問題を先送りにしたに過ぎない。既に国は外国人の制限をするほどオミクロン株を警戒している。今後オミクロン株が蔓延した暁には来季フルオープンで観客を入れられる保証はない。

今既に優勝争いをしたシーズンの契約更改で減額をしなくてはいけない程切羽詰まっているなら、身売りや球団消滅だってあり得る。それでマリーンズファンは喜ぶのだろうか。消滅なら問答無用で悲しみにくれるだろうし、身売りでもそれは一つの歴史の終わりであり、当該球団のファンのダメージは小さくはない。

フランチャイズの移転を伴う移転なら尚更である。ライオンズも親会社とフランチャイズの移転を伴う身売りを経験した。tthgは twitterをはじめて福岡時代からのライオンズファンの方と交流する機会を得たが、彼等の心情は未だに複雑である。

選手は身売りで高い給料で雇ってくれる親会社に変わる事はプラスかもしれないが、ファンには大きなダメージである事を選手会は理解して欲しい。今、球団を責めるだけでは身売りへのリスクが高まる。抗議自体は構わないが、球団と現実的な着地点を見据えて交渉してほしい。



具体には本当に財務的に厳しいなら減額は飲むけど誠実交渉を求めるとか、今回減額分の半分程度は将来コロナ禍が開けたら払うなど球団が譲歩でき得る条件を探りつつ交渉して欲しい。兎に角減額はけしからんというだけの交渉はやめてほしい。

これは決してマリーンズだけの問題ではない。今の情勢からすれば来季以降他球団にも飛び火する懸念もある。今選手会が強気一辺倒で、球団側を追い詰めたら他球団で同じ事が起きても当該球団の選手が「マリーンズの時は強気に交渉したじゃないか。」と主張して選手会が降りにくくなる。

今、大幅な減額が目の前にある選手達には辛い決断だと思うが今の社会情勢やファンの気持ち、特に身売りなどが発生した場合のマリーンズファンの気持ちまで考慮に入れて決断してほしい。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事を評価頂けるようでしたら下記のバナーのクリックをお願いします。本ブログのブログ村におけるランキングが上がりtthgのモチベーションになります。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



本ブログは管理上の理由からコメント欄を停止しています。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

ブログの記事を更新した時は必ずTwitterでも更新通知のツイートをしますので定期的に本ブログを読みに来ている方はTwitterで@tthg1994をフォローして頂くと記事の更新状況がタイムラインに流せるので便利です。

たまにYouTubeで動画も上げています。宜しければ下記からご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UCedqHtm7vbRlGHExQODI8YA

twitterでフォロー