契約更改状況から見えるライオンズフロントの意図。

今晩は。ファン感とGLAYのコンサートが被ってしまったtthgです。

ライオンズの契約更改が進んできた。まだ全体の結果は出ていないが、おおよそのフロントの考え方が見えたと思うので、その話をしたい。

まず中村選手との複数年契約。この年で複数年はかなり高い評価と言えるだろう。昨日書いた岡田選手も現状維持の複数年と年齢と最近の成績からすればかなり高い評価である。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112030001121.html

一方で森選手は5000万増。低くはないが今後のFA引き留めには心許ない。ここで大型複数年とかを期待したいところだったがやはりかなわなかった。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112030000293.html



日本人のおおよその傾向としてはFA残留組により長い期間の契約を保証する(これは去年の栗山選手の複数年も同じ文脈で理解できる。)が来季以降のFA引き留めについては今特段の措置はしないという事であろう。

ただし、来季以降の主力の引き留めについては、FA残留組の中村選手や栗山選手に高齢でも長期の契約を保証する事で生涯ライオンズのメリットを可視化する事により、残留に繋げたいという意図は見える。

こうした意図が分かる契約というのは一定の評価はできる。少なくとも戦略的思考が見えないより、余程よい。一方で、お金がないから仕方なくこの選択になったという面もある。中村選手や岡田選手の複数年は年俸大幅増を伴わないので今年のキャッシュフロー的な問題は軽い。

対して森選手との複数年ならば最低でも1億増、現実的には2憶程度増しないとまとまらないだろう。そこ場合その増分をどこから持ってくるのかという問題が発生する。どこの組織でも多かれ少なかれ財務部門は保守的であり、予算が昨年度比で増という選択は飲めない事が多い。今のライオンズのように大赤字なら尚更だ。森選手の2億増と仮定した場合他で同等の減額をしないといけないので難しいという事になろう。

おそらく、他の主力の更改でも事情は同じであり、現状維持か微減でなければ大型複数年ということにはならないはずである。仮にそうなった場合、決して最上の結果ではない。しかし、それでも現状としてはやれる事は精一杯やっている。少なくともやろうとはしている。tthg的には、この非常時てしてはこれで良しとすべきと思っている。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事を評価頂けるようでしたら下記のバナーのクリックをお願いします。本ブログのブログ村におけるランキングが上がりtthgのモチベーションになります。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



本ブログは管理上の理由からコメント欄を停止しています。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

ブログの記事を更新した時は必ずTwitterでも更新通知のツイートをしますので定期的に本ブログを読みに来ている方はTwitterで@tthg1994をフォローして頂くと記事の更新状況がタイムラインに流せるので便利です。

たまにYouTubeで動画も上げています。宜しければ下記からご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UCedqHtm7vbRlGHExQODI8YA

twitterでフォロー