灼熱問題に関してコンサバティブさんから頂いたご意見への感想と見解。

今晩は。メットライフドーム灼熱問題の解決を切にtthgです。

先日tthgが環境負荷の観点からドーム球場の是非を考察したこちらの記事にコンサバティブさんから下記のご意見を頂いた。下記の記事が興味深かったので、それに対するtthgの感想と意見を述べたい。

まず、ライオンズは環境に優しい鉄道会社が親会社なので環境投資からは外れにくいという指摘はtthgが考慮していなかった点である。投資判断は西武HDに対するものなので、ライオンズだけでなく西武HD全体に置ける環境に負荷を考えるのは当然であり、tthgの思慮が足らなかった。



その上で、ライオンズは球場多少電力負荷があっても経営にマイナスにならないので、短絡的に解放球場や天然芝を実施するのではなく、屋根を取っ払う費用や天然芝の育成コストなどを考慮して灼熱問題の解決方法を決めるべきとの事である。

そう考えると新国立で採用されたという天然の風の流れを利用した工夫とスポットクーラーの組み合わせなどは結構あり得る選択なのかもしれない。天然の風を利用してトータルの環境負荷は密閉ドームよりは低い状態を保てば環境に優しいイメージは保ちつつ灼熱問題の解決を図れるからだ。ただ、これで解決できるのか?という点はtthgの手には余る。コンサバティブさんもご指摘されているようにファンが語るにはこの問題は大き過ぎる。この点は全くtthgも同意見である。

最後に少しtthg個人の経験を補足したい。tthgは小学生の頃夏休み中に屋根がない西武球場のナイターに通ったが、熱くて困ったことはなかった。少なくとも日が落ちた後の西武球場は小学生が熱中症を心配する要素はなかった。解放に戻せば良いとtthgが思うのはこの原体験が大いに影響している。今は子供を連れて夏休みに観戦という気になれないのは家族持ちとしては辛い。(ウチの場合奥さんが看護師で熱中症とかのワードにすごく敏感という問題もあるが。)だから手っ取り早く屋根無くせばいいんじゃね?と考えるのである。簡単な話ではないとは思うが、小学生や幼稚園の子供を夏休みに安心して連れて行ける球場にするというのは物凄く大事な事である。球団には是非この問題に真剣に取り組んで頂きたい。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事を評価頂けるようでしたら下記のバナーのクリックをお願いします。本ブログのブログ村におけるランキングが上がりtthgのモチベーションになります。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



本ブログは管理上の理由からコメント欄を停止しています。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

twitterでフォロー