データが増えるからこそ考えなくてはならない。

本題に入る前にまずは報告。今のところ、下記の便家さんへの問いかけの記事に反応はない。

便家様。是非本記事をご一読の上ご連絡ください。

便家さんがなんらかの反応を示してくれたら色々と議論したかったが、何もないのでこちらからはこれ以上何か発言するのはやめておく。仮に今後何か反応が有ればその時どうするか考えたい。

さて、今日はデータを野球にどう活かすかという話。先日球辞苑でデータアナリストの方がイチロー選手の引退会見における「頭を使わなくてもできる野球」という発言を引用しながら「データを詳細に提示する事でデータ通りにやれば考えなくてもできると取られられているようだ」という趣旨の事を話しておられた。アナリストの方はそれに対する評価は何も語っていなかったが、どこか不本意な印象を受けた。



tthgもデータが揃えば頭を使わなくてもできるという考えには賛同できない。むしろデータが揃うからこそ頭を使う余地が増えると考えるべきである。データはあくまで数字でしかない。データはあくまで数字であり、その意味を使用者が解釈して利用する。解釈次第では数字の意味が変わってくる。例えば、tthgは下記の記事でライオンズの黒田コーチは本塁突入に慎重になり過ぎであると主張した。それは、一般的な打者の打率から推測して本塁突入の成功率が高すぎるというデータが根拠である。

黒田コーチへ。来年はもっと勇気をもって本塁突入して下さい。

本記事に対してsinndarさんからは下記のようなコメントを頂いた。

確かにtthgも黒田コーチが勿体ないストップをしたという記憶はあまりない。ただしデータ的には勿体ないストップがありそうな数字が出ている。であるならば、次のステップとしてストップしたケースの映像を集めて解析し、本当に勿体ないストップがあったのが検証するべきである。

このようにデータはその意味を推察し、異論をぶつけながら精査し精度を上げるという使い方をして初めて有効な物である。データ量が増えれば精査すべきデータが増える。それは考える事がむしろ増えた事を意味する。昔、将棋騎士の羽生さんが「今は棋譜がネットで公開されるので新しい戦術に関する情報で溢れている。その全てを有効性を検証する時間はないので、今後発展する戦術かどうかを見極めて、検討するか取捨選択をしなくてはならない」という趣旨のことを語っていたのを何にかの媒体で読んだ事がある(確か「決断力」という本だった)が、今の野球界も同じである。データが増えれば増える肌そのデータの有効性から検討しなくてはならない。考える事はむしろ無限にあるのである。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



本ブログは管理上の理由からコメント欄を停止しています。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

twitterでフォロー