福田選手と涌井投手の移籍に見る環境変化の難しさ。

今晩は。職場が変わるのは誰でも不安と考える。tthgです。

先日、週刊ベースボールのマリーンズ福田選手のインタビュー記事を見て福田選手の来季を密かに楽しみにしていた。tthgは昔下記の記事で書いたように、絶対的レギュラーでない福田選手のFA後の成績を不安視している。

しかし、週刊ベースボールのインタビュー記事を見て少し見方が変わった。福田選手はマリーンズの鳥越コーチの存在を捉えて移籍を決めたようだ。鳥越コーチと福田選手は福田選手の若い時から指導者と選手という関係があり、その上で同じ時期に家族(鳥越コーチは奥さん、福田選手はお父さん)が亡くなった事でその悲しみを分かち合った事で個人的に特別な間柄なのだそうだ。これを読んでtthgは福田選手の場合はレギュラー出なくても成功するFAになるのでは?と思った。

FAの難しさは環境が変わる事だ。我々サラリーマンだって転勤や配置転換は大きな負荷になる。プロ野球の世界でもそれは大きな負荷であるはずであり、そこが移籍後の選手がダメになる一因だとtthgは推測している。福田選手の場合はそこを鳥越コーチの存在でクリアできる可能性がある。それ故に福田選手は成功する可能性があると思った次第である。



一方、鳥越コーチの存在で福田選手が早くマリーンズに慣れて、短期的には活躍するかも知れないが、長期的にはそれがリスクにもなり得る。そう思うのは昨晩イーグルスにトレードされた涌井投手の存在があるからだ。

涌井投手もライオンズ時代の恩師である伊東監督の元へFA移籍した。一応そこそこ活躍して来季も契約があったがトレードされた。正直、年齢的に下降線の涌井投手は扱い辛く、「ライオンズ化」を謀るイーグルスに高値掴みさせてマリーンズが大儲けという気もする。しかし、一方で下記のような記事が昨年から出ていたように、伊東監督の特別な寵愛を受けた涌井投手は伊東監督のいないマリーンズで居場所がなくなりがちだった。それがトレードの遠因として捉えるべきである。

我々サラリーマンの世界でも「誰々の引きで雇われた」というタイプは「誰々」に相当なする人が組織から抜けたあと難しい立場になりやすい。どうしても周りから、その組織に引っ張った人物から「エコ贔屓されているのでは?」という疑念を抱かれるからだ。

福田選手の場合鳥越コーチとの特別な関係は鳥越コーチがいなくなった後厄介である。更に言うと監督の井口氏もホークス出身で鳥越コーチとセットで見られるから井口監督が福田選手を贔屓しているのでは?という視点で見られかねない事もマイナスである。レギュラーとして飛び抜けた成績であれば良いが、涌井投手のように微妙な成績では生え抜きの選手との間に難しい関係が生じ得る。(蛇足だが、イーグルスのライオンズ派閥も石井GMがこけた時には似たような問題がある。)

環境の変化とは色々難しい物だとつくづく考えさせれた一連の移籍騒動だった。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



本ブログはコメント欄を設けておりません。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

twitterでフォロー