一年、一年勝負したいは聞き飽きた。

今晩は。本音が聞きたいtthgです。

「いつもと一緒で『3年やってなんぼ』だと。もう聞き飽きました」 と契約更改で名言を残した帆足氏(当時を知らない方はこちらをご覧頂きたい。)ではないが「一年、一年勝負したいは聞き飽きた」と言いたくなる。なんの話かというと増田投手の複数年契約を断った後の下記の記事におけるコメント(正確には「一日一日」らしいが本質は同じである。)である。

もうこのコメントはファンには刺さらない。特にライオンズファンにはFAのフラグにしか思えない。東北に移住されたお方は一昨年なんてコメントしてましたか?

なお、契約は「単年」。「プレッシャーをかけながらやっていきたい」と、来季も勝負する気持ちで挑んでいくことを誓った。
https://baseballking.jp/ns/139917

である。

そして、翌年は楽天さんと4年契約。これで目の前の事に集中したいとか言われても全く説得力がない。



別に自分にプレッシャーをかけてやりたいなら、複数年でも年俸反動制にすれば良い。年数保証は増田投手クラスなら4年ではほぼ無意味である。なぜなら増田投手クラスが3年でクビになる確率は限りなく低いからだ。それでも数字を示されると自分に甘くなるというなら基礎年俸維持の出来高にすれば良い。出来高のアッパーや基礎年俸を変動制にしとけば充分自分へのプレッシャーになるし、モチベーションにもなる。そして、ファンや球団の信頼は熱くなる。

それをしないのは、来年FAドリームを夢見てるからとしか思えない。そして、上記で引用した増田投手のコメントは更に以下のように続く、

「来年一年やらないと、FAを取っても意味がない」

もはや意味が分からない。複数年は事実上FAの意味をなくす契約である。FAが意味があるのはFAドリームかFAスルスル詐欺による年俸釣り上げの2択である。

ここまで言うなら最初から一日一日とか言わずに、「FAに興味がある。選手の評価は金。大型契約の可能性を今から潰す気はない」とでも言えばいい。正直に金が欲しいと言えばまだスッキリする。少なくともtthgは東北のお方ほどには、嫌悪感は抱かない。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

本ブログはコメント欄を設けておりません。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー