楽天にはもう少し自球団の成り立ちを勉強して頂きたい。

今晩は、歴史大好きtthgです。

ふと思ったのだが、楽天って「健全な球団経営」で有名なチームだったはずだ。そこでネットで検索すると下記のようにゴロゴロ健全経営がベタ褒めされている。

しかし、一方で最近の選手年俸の釣り上がり方が半端ない。そして、何やらFA戦士への年俸過小申告疑惑まである。



例えば、福田選手への提示額はsinndarさんが下記の記事でまとめられている。

浅村選手には下記のような報道もされている。

もちろん推定の話だし、信憑性については?である。しかし、毎年こういう疑われるというのはそれなりに根拠があるという見方もできる。仮に球団から発表される数字がでたらめなら、健全経営も疑わしい。

そもそも楽天という球団の成り立ちは、マーゲームと放漫経営で近鉄バファローズが潰れ、球団球界全体が危機になった事が発端である。そして、初年度の黒字が讃えられたのも親会社の宣伝ばかりが先に立ち、放漫経営の球界に「球団経営」という概念を持ち込み風穴を開けたからだ。

そんな成り立ちの球団がマネーゲームを仕掛けて、球界の年俸相場を著しく上昇させるような事をやって良いのだろうか?例え営業努力の賜物で黒字だとしても、最近楽天の年俸釣り上げは少々行き過ぎである。

近鉄の後継球団を作る時に、参入を許されなかったライブドア元社長のホリエモンこと堀江貴文氏が「自分の事しか考えない金の亡者」みたいに散々叩かれたわけだが、昨今の三木谷楽天も似たようなもんである。

今の楽天球団には、どのようにして自球団ができたのかという背景をもう少し勉強して頂きたいものである。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

本ブログはコメント欄を設けておりません。コメントがある場合は、お手数ですが下記のツイートのリプでお願いします。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー