センターの控えがいない代表の危機管理に疑問有り。

今日には。危機管理の大切さを実感するtthgです。

下記の記事に書いた通り、tthgは代表にはあまり興味はない。

代表の活動での偶発的な怪我に保証制度を導入すべき。

しかし、秋山選手離脱を受けて丸選手の代表入りは代表の危機管理に疑問がある。聞けば、シーズンでセンターを常に守っている選手は秋山選手だけだったという。ちょうどタイムリーsinndarさんとゴールデングラブは外野一括りにせず、ライト、センターレフトに分けるべきという話を議論していたところだが、外野の各ポジションは動きの特性が違うので基本的にはセンターはセンターで分けてバックアップを選ぶ必要がある。アマチュアレベルでは致し方なくという事もあるだろうが、レベルの高い代表クラスで有れば経験値のない者を任せるのは不安である。



代表辞退が相次いでセンターの選手を選べなかったのなら仕方ないが日本で有数のセンターである丸選手が急遽受けられるというなら選択肢はあった筈だ。丸選手クラスはバックアップでは使えないというならDHで使うなりすれば良いし、他のセンターに来てもらうのも良い。レフトやライトは外崎選手が経験があるからバックアップは外崎選手に任せておけば良いからその分をセンター枠に回すこともできる。

今回は大会前に秋山選手が離脱したので補充できたが、大会開始後では補充前に貴重な一試合が終わってしまう。それの試合の行方次第で大会敗退が決まることもある。超短期決戦の試合で本職のバックアップがいないのはあまりに危険だ。tthgは代表の勝敗はあまり拘らないが、やるならば最低限の準備もしないで負けるのはやめてもらいた。代表がは勝ち進んで普段野球を観ない層にも野球を観てもらい、ファンの裾野が増える事ぐらいしか選手を出している球団に還元されるものはないのだから。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

センターの控えがいない代表の危機管理に疑問有り。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    私も代表戦は見ません。

     やはり嫌いなチームがいると、どうしてもそちらのほうに目が行ってしまう

     で確かに大会前で追加補充できてそれだけでも幸いだが、死球の時点で交代もあったのでは。

     さらにセンターがいない、まあライオンズもそうだが、木村、金子はライト、レフトはやれる。でもセンターはと言ったら?である。外崎でも無理でしょう。まあ練習すればできないことはないが

     まあ大会直前でよかったが、本大会なら大変なこと。まあおそらくライオンズもキャンプでセンター対策、そして替えのきく選手を作っていく必要がある、これからは

     まあ秋山は信じます。これで寝返ったら大激怒ですが

     嶋はヤクルト、球団としても大事に扱い、楽天に帰ることのないようもう今から手を打ってもらいたいものです

    1. tthg より:

      確かにセンターはライオンズも問題です。去年OP戦の福岡ドームで金子選手のセンターを試してましたが目測を誤ってました。本職を育てるか、それこそ福田選手取らないとだめと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください