本当に日本は先発投手に対して過保護なのか?

おはようございます。可能性を追求するtthgです。

今年の沢村賞は該当者なしに終わった。沢村賞選考委員の堀内氏が下記の記事で、該当者なしはアメリカ式の分業制が導入され、先発投手に対して過保護になった結果と嘆いている。

堀内氏の言う通り、日本の先発がアメリカより保護されている事は疑いような事実である。アメリカは100球の制限があるが中4であり、日本は中6。休養期間が長い日本はより厚く保護されている。



しかし、本当に「過度に」保護されているのだろうか。tthg的には、むしろ日本が適切でアメリカが先発を酷使してるように思える。例えばFAでアメリカに渡った先発の投手の肘の故障率は異常である。モチロン高校時代に酷使されている投手に偏る傾向にあるので日本の環境にも問題はあろう。使用球の問題もある。しかし、アメリカの中4が根本原因でなくとも引き金を引いた可能性ははあり得る。メジャーはスポナビをたまに見るぐらいだが、日本に比べ先発投手の故障率は高いように思う。

少なくとも、日本人の標準的な骨格には100球、中4が適切という可能性は捨てきれない。堀内氏達から言わせれば「昔はもっと投げていた」と言われるのだろうが、それは環境変化を考慮してなさすぎる。投手の投げる球は年々速くなっており、平成初期は150投げる投手が珍しかったが、今や150投げる投手がゴロゴロいる。変化球の種類も豊富で140を超えるような変化球を操る投手もいる。昔はエース格は下位に手抜きしていたが、近年はそういう傾向はない。時代は明らかに投手へ負担増に向かっている。昔の基準で本当に大丈夫か疑うべき状況だ。

tthgは、日本のやり方が100%正しいと断定するつもりはない。言いたい事はわ昔の日本とアメリカの二項対立ではなく、どちらも間違いという可能性も探る事が必要という事だ。少なくとも昔日本でやっていたから大丈夫という説は、状況変化に対応し切れてるか関東必要はある。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

本当に日本は先発投手に対して過保護なのか?” に対して2件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    投手甘やかしじゃないです。もう中6それは普通、5だと故障の危険性をはらむ

     完投した時は中6,100球以下の時、中5でいいと思う。また投手によって過去に故障を抱えたものや、そういうものは中6で行かないと。チーム崩壊になると思います

     過去と今は一緒にしないでもらいたいですね

    1. tthg より:

      筋トレで身体が大きくなってる分肘や肩にも負担がかかるという面もありますし。昔とは違います。

コメントは受け付けていません。