2019年ライオンズ優勝へのギャンブル提案②〜投手編〜

今晩は、カープがイーグルスに勝ったので少し気分が良いtthgです。

今日は予告した通り、交流戦明けの投手起用について提案したい。とは言ってもこのブログを長く読んでいる方は昨日の野手編を読めば今日の内容はおおよそ見当が付くだろう。結論から言うと、提案したいのは第二先発制である。今日はその第二先発について、より具体的に提案したい。先ずは、一軍登録者を以下のように選定する。

先発
高橋光成投手
今井投手
十亀投手
ニール投手
本田投手
松本航投手
以上6名

第二先発
武隈投手
相内投手
佐野投手
以上3名

セットアッパー・クローザー
森脇投手
マーティン投手
ヒース投手
平井投手
増田投手
以上5名

敗戦処理
伊藤投手
小石投手
以上2名

これで6+3+5+2で投手16名となる。野手は昨日書いた通り9+4で13名なので13+16でジャスト29名となり登録枠の上限満たす。



その上で下記のようにローテを組む。

1番手
高橋光成投手(5)佐野投手(2)平井投手(1)増田投手(1)

2番手
ニール投手(4)相内投手(2)森脇投手(1)マーティン投手(1)ヒース投手(1)

3番手
今井投手(5)武隈投手(2)平井投手(1)増田投手(1)

4番手
本田投手(4)佐野投手(2)森脇投手(1)マーティン投手(1)ヒース投手(1)

5番手
十亀投手(5)相内投手(2)平井投手(1)増田投手(1)

6番手
松本航投手(4)武隈投手(2)森脇投手(1)マーティン投手(1)ヒース投手(1)

*投手の名前の後ろにあるカッコ内の数字は責任イニングを示す。

まず、先発と第二先発についてはイニングを制限することで、一つ一つのイニングの質を上げてもらう事が狙いである。セットアッパーとクローザーには4点差以上にならない限り責任イニングを投げてもらい、少しでも勝つ確率を上げる。一方で、週3回投げてもう代わりに、連投はNGとし、ローテ以外の日はブルペンを含めてノースローとする事で休養を確保する。なお、セットアッパー以降のイニングで4点差以上になったら敗戦処理を投入して残りを休ませる。また、第ニ先発については点差がついても味方の反撃を期待してローテ通り投げてもう。

第一先発は120球を上限とし、それを超えたら責任イニング前でも第2先発を前倒しする。第ニ先発は50を上限とし、それを超えたら敗戦処理を投入する。第一先発と第ニ先発は責任イニングを投げ切った時に球数が少なくても続投はしない。責任イニングを投げ切って気持ちが切れた後に投げさせるとロクな事はないからだ。

敗戦処理については50球以上投げたら抹消し、高木投手、粟津投手などと交代する。

森脇投手、マーティン投手、ヒース投手については不調になったら小川投手、野田投手、斉藤大将投手の誰かと交代する。マーティン投手とヒース投手のどちらが二軍に行く場合は、郭投手を上げてニール投手との交代も検討する。多和田投手、榎田投手、内海投手が復帰できるならニール投手や本田投手の位置に入れて、余った投手を適宜第ニ先発や敗戦処理への配置転換を行う。

正直これで絶対優勝できるとは言わない。しかし、先発は引っ張りすぎてプチ炎上。平井投手をマタギさせた上、湯水の如く中継ぎを注ぎ込んで次の日は投げられる中継ぎがいない。とかになるよりは、多少マシな戦いができるはずだ。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

2019年ライオンズ優勝へのギャンブル提案②〜投手編〜” に対して4件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    いいと思います。しかしいかんせんそれをやるには、首脳陣が困ったときの平井頼みをやめること、まずは。そこが前提となります

     そうですか、多和田はこんなもんですか。まあ確かに148㌔と以前よりはそこはいいみたいですが、四球、抜け玉があるようでは。依然言いましたが。思いたくないですが私生活に問題有り、なんてやみ速で見ましたが、信じたくなかった。しかしここまで来ると全部でたらめとも思えなくなってきた

     西武ファンの皆さん、書いてあります。40球を投げさせる(平井に)コーチは何考えてんだ。ホントそうです

     跨ぎを考えるのなら、反対ですが、マーティンも入れるべきだし跨ぎ向き、いい加減気づいてほしいですね。平井の2イニング目どうなるか

     初戦(行きませんが)今井対山本ですか。打線がなあ。だが塩見、辛島、よりは打てそうな気がするんですが

    1. tthg より:

      とりあえず首脳陣には考え方を変えて欲しいです。

      多和田投手の私生活についてはなんとも言えませんが、急に悪くなるのは私生活で無茶してはあり得るとこでしょう。本人が、私生活を含めて改善して欲しいです。

  2. 越後の侍 より:

    まず先に、29日本田、30日松本、厳しいですね。勝てる要素が今のところないです

     打線が大噴火すれば別なんですが。あと1枚9連戦に足らないし、これからは無理させられない

     Gがトレードに出てきた。獅子も金銭でも何でもいい動いてほしい。
     ただ今回はどちらもどちらで同じ気がします。あまり関係ない。だけど西武は1.5流が1流になるんです。オーナー、巨人の動きどう思う。自前の時代じゃないぞ

    1. tthg より:

      本田投手は個人的には結構好きだし、過小評価されていると思ってます。もちろんスタミナの問題はあるので打線の援護が必要ですが4回までに打線の援護があればそこそこいけるかと。

      ハムのトレードですが、宇佐美捕手が欲しいと言うハムの意向があったと思います。問題は吉川投手で見かけは数合わせで古巣に戻して引退なんでしょうがハムのスカウト力だと何らかの復活の根拠がありそうで怖いです。

コメントは受け付けていません。