【書評】セイバーメトリクスの罠 お股ニキ著

今晩は、今井投手の発熱と小野コーチのブルペンデー発言にげんなりしているtthgです。

今日はしばらくぶりの書評。今日紹介するのはお股ニキ氏が書いた「セイバーメトリクス罠」

何やら随分ふざけたペンネームだが、中身はしっかりしている。中学の部活しか経験がない素人が野球を観戦しまくり、勉強し独自の視点で野球を語るようになったお股ニキ氏。そもそもツイッターのアカウント名だったようだが、今やメジャーリーガーダルビッシュ投手から直接他人に紹介する程認められている。どうもキッカケはお股ニキ氏のつぶやきにダルビッシュ投手がリプライで反論してきた事らしい。(その時のやり取りは本書冒頭の「はじめに」の部分で触れられている。)素人なのに、ダルビッシュ投手に認められる程に野球観戦の達人になったお股ニキ氏には心から敬意を評したい。また、本書を読んで、tthgもいつかお股ニキ氏の域に到達したいと思った。また、tthgはその域には到底及ばず、もっと野球を勉強しなければならないと思い知らされた。



さて、本書の内容だが、tthgの解釈では、1番の要点は「数字は大事だけど、数字に溺れてはいけない」という事だ。お股ニキ氏はタイトルにあるようにセイバーメトリクスによる数値化した野球の見方に疑問を投げかけている。しかし、それは単なる「野球は数字化することなんかできない」というような単純な反論ではない。セイバーメトリクスによる数値化のメリットは十分感じた上で実際に野球を観ると「数値化しただけでは最適解には至らない」と主張されている。

例えば、捕手のフレーミングについて本書は

スローイングやブロッキングより試行回数が圧倒的に多い

お股ニキ著「セイバーメトリクス罠」p161

と指摘し、その重要性を説く。フレーミングはセイバーメトリクスの登場でフォーカスされ数値化された事で有名になった技術であり、セイバーメトリクスの一つの成果である。しかし、一方でお股ニキ氏はフレーミングとブロッキングがトレードオフの関係である事を指摘した上で

ボールを後逸しまくってまでフレーミングにのみ固執する必要はない。

お股ニキ著「セイバーメトリクス罠」p167

と指摘している。フレーミングが大事という数値化された部分の重要性とそれに固執すると盲点になりがちなブロッキングにおけるデメリット。その両方に目を向ける所にお股ニキ氏のバランス感覚が伺える。これに限らず本書ではメジャーで流行している最先端のトレンドをその理論と共に紹介した上で、それをどう扱うべきかをお股ニキ氏独自のバランス感覚で語られている。インプットした知識を加工してより実践的な助言としてアウトプットしているのは流石である。本書は我々ファンだけでなく、選手が読んでも必ず参考になるレベルの内容が詰まっている。野球ファンなら一読して損はしない良書である。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

【書評】セイバーメトリクスの罠 お股ニキ著” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    もう少し読んでみますが、数値化=データはノムさんの専売特許だった。嫌いだったけどデータを生かし、死んでいた選手を復活させ、強いヤクルトにした

     小野の昭和流は練習練習、それが悪いとは言わない。だが、タイプ、年齢に分けないと

     なぜ監督は小野に気を使う。2017の現地観戦で土肥を抑え自らマウンドに行ったりした。今こそ自分が動くべきじゃないのかな。

     もう起きてしまったことは仕方ないでは済まされない、がこれで小野のコーチ解任(1年)はほぼ決まりでしょう。
     対話に加えデータを加えていけば、何とかならないか。でも1つは巨人に勝ちたい

    1. tthg より:

      森さんだってデータは集めてたと思いますが、それをマスコミを通して上手く浸透させたのが野村さんだったと思ってます。

      ただ彼等の戦術はセイバー的には?てす。その辺を私はもっと勉強したいです。

      小野コーチについては、また別にコメントします。

  2. 越後の侍 より:

    首都圏さんのブログ見ました

     確かにそうなんですよね。ファンが怒っているのにそれに気づかず今井に当たる馬鹿小野、いろんな考えがあるが体調不良は3回目、いい加減責任を感じてもらいたい

     自分が出てくるたび、点を取られる。気づかんのか。まあ無理でしょう
     最下位覚悟。それでチームの人心一新されればそれでいい

     森監督時代が懐かしい

    1. tthg より:

      今井投手も130投げるとか無茶させてましたから、疲労の影響という可能性もあります。

      あってはいけないとかコメントしてるようですが、ブルペンデーの方があり得なさすぎて今井投手を責めるきはあまり起きません。

  3. 越後の侍 より:

    もう覚悟は出来てますから、負けもとで見ます

     ただ、平井、増田は絶対使うなそういいたいが無理fだろうな

    1. tthg より:

      2人が出てきましたが今日のとこは勝ったので。明日が心配ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください