四球を出さない投球を求めるなら、甘い球投げて打たれてもそれを理由に叱責してはならない。

今晩は。戦術マニアのtthgです。

昨日の試合後小野コーチが炎上した高木投手と斉藤投手について下記の通り「決め球が甘い」とコメントしていた。

tthg的にはこれは問題発言だと思う。なぜなら小野コーチは就任会見で「四球さえなくせば成績は上がる」と断言した人物だからだ。

四球をなくすためには追い込んでもバンバンストライク投げれば良い。なのに四球を回避する投球をして叱るのは筋違いだ。百歩譲って四球を出さない制球が必要という意味だとしたら言い方が悪い。ただ四球を回避するのと、判定のあやなど3-0になっても四球を意図して回避するような制球力を身につけるでは意味合いが全然違う。四球を回避する制球力を求めるなら制球力に力点を置いた発言が必要になる。



そして下記のキャンプでの発言を見ると小野コーチは四球を回避できる制球力に力点を置いていない。下記の記事では「打たれても良いからどんどん攻め」ろと発言している。

これは明らかに細かい制球を犠牲にしてもストライクゾーンの中に投げる事でカウントを良くする事を指示している。にも関わらず追い込んだらきめ細かい制球力を求めるのはおかしい。追い込んでから制球できる力があるならそもそも初球から細かく投げて行けば良い。そういう力がない現状だから細かい制球より力一杯投げて球の力で抑えるか、リラックスさせることにより結果的な制球力向上を狙うのだ。追い込むまで楽にやらせても、追い込んだら制球ミスしたらドヤされるでは普段以上に制球はままならない。普通にやって四隅にこない投手に緊張させて隅などこない。

それから、制球はアバウトでも腕振って投げろという作戦は追い込んだ時こそ有効という点も見逃せない。なぜなら打者のカウント別打率は追い込まれた時の方が低いからだ。

多くの打者が追い込まれてから打率が悪いの打者心理を考えれば自明である。追い込まれたら、球種やコースに限らずストライクはバットに当てないといけない。特定の球種やコースを狙い打てる1ストライク時より打ち損じは増える。見逃し三振が怖いので1ストライクまでは見逃した球をカットしないといけなくなる。カットにいけばヒットになる確率はへる。

追い込んでから甘くなっても力一杯投げた球に、変化球が頭にあるので振り遅れる。内角が頭にあるので甘めのスライダーを打ち損じる。ハナから四球狙いでカットにくる打者は甘くてもそうはヒットにならない。ギリギリでなくてもカットと力一杯振るコースの見極めが悪くてカットする。変化球対応の為タイミングを遅らせるので長打になるコースがヒットで終わる。などなど追い込んでいればこそ甘い球が致命傷にならないケースは色々考えられる。

ならば投手優位の状況を最大限に活かして細かいコントロールを無視して腕振って投げる方が良い。結果的に制球できて打ち取ることもあるし打ち損じもある。少なくとも四球を出さない事が大事で初球をからストライク放れと言わないといけない状況なら追い込んでからもそれを継続する方が良い。

それで打たれたらそれを責めずに次に活かす方法を考えるべきだ。本当に腕が振れていたのか。ピンチだから腕が縮こまっていないか。それまでの配球で甘くなった時の保険になるような球を投げていたのか。それがないとなれば単なる配球ミスなのか投げられない事情があったのか。色々反省材料はある。次回そのミスをカバーしうるならそれで良いしダメなら抜本的な対策が必要になる。少なくとも甘い甘いと責め立てるのは得策ではない。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

四球を出さない投球を求めるなら、甘い球投げて打たれてもそれを理由に叱責してはならない。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    言われる通りです。

     四球をなくせということは、どうしても甘くなってしまう。それを責めるとはもってのほかです

     正直現状は、コントロールの効く投手は、多和田?くらい。今のライオンズは、腕を振って、相手の打ちそこねを待つのが精いっぱいだと思います。それをまた責めれば投手はどう動いていいか困惑してしまう。
     あとはバッテリーでしっかりと捨て玉勝負などと、敬遠などとかをしっかり呼吸を合わせてやるしかありません

     反省し、今週のビジターは4-2を最低ラインで行きたいですね。もう厳しいのは分かる。でもこれは自分たちで打破するしかないのだから。時期が来るのではなく、自分たちで殻を破ってほしいです

    1. tthg より:

      高橋投手も今年はまあまあです。まあ全体的に球に聞いてくれが多いですから、緩急で幻惑するなり、ストレートと同じ投げ方で投げる球で迷わせるなどしないとダメかなと思います。

      何とかGW前に少しでも貯金したいですね。

  2. 越後の侍 より:

    とうとう単独最下位、覚悟はしていたが。

     目にやる気が感じられない。緊急ミーティング、一体何してたの。

     やはりこのコーチのもとでは最下位を覚悟しないと。
     GW,赤っ恥のゲームが見えてきました。どうして、スタメンいじらないかな。1番秋山しかないと思うんですが

     そしてまた回跨ぎ、嫌な予感ばかり

  3. 越後の侍 より:

    大変失礼、引き分けだったんですね。

     うーん、痛いと言えば痛いし、でも負けなくてよかった(甘い考えですが)。こりゃ間違いなく負けだと思って寝ましたから。今起きて結果を見て、驚きです

     今日明日はますます厳しい。でも明日の相内に賭けてみます

     ボールでもスピード違反、頼みます

    1. tthg より:

      内容は負けみたいなもんですからラッキーです。

      1番秋山選手は試す価値あると思います。相内投手は少しでも投げたいです。ロング班の佐野投手まで使ってますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください