非常事態の獅子に不安要素がまた一つ。

今晩は、自ら進んでする努力の価値を知る男tthgです。

小野コーチの看過できない発言が報道された。


曰く、情けない若手のケツを叩く。昭和のスパルタ方式でやる。走り込みを強化してメンタルも鍛える。簡単に言うと若手を肉体的に追い込んで「根性」を養うということだ。本当にこれで良いのだろうか。二軍はすでにシーズンインしているのに走り込み。肉体的に疲弊させて二軍戦で投げさせたら壊れてしまう。ただでさえルーキーが過労で肺炎になっているというのに更にブラック企業を目指すということなのか。そもそも肉体を追い込んで強化すべきは自主トレやキャンプ前半の時期であり、今からそれをやるというのは明らかにマネージメントの失敗である。キャンプメニューや自主トレへの要望などにどこまで小野コーチが決定権があったのか分からない。しかし、ここまでの過程でやるべき事が出来ていなかった事へ首脳陣の一員としての反省が先に来るべきではないだろうか。



仮に肉体を追い込むトレーニングがどうしても必要たと言うならそれも良いだろう。だが、やり方に問題がある。記事を見る限り、上から押し付けるやり方をしようとしている。まさに昭和のやり方だがそれでは本当の意味で実力はつかない。人間やらされている限りその成長は鈍い。本当の意味で人が成長するためには自ら進んでやる事が必要だ。

tthgは同級生に勉強で勝ちたいという動機で自ら中学受験の道に進んだことがある。周りは親にやらされている者ばかりだった。自ら進んでその闘いに挑んだtthgは小5の春という後発スタートながら約1年で全部で7つある能力別クラス編成で最下位スタートから4クラスのジャンプアップを果たした。中学受験界では小5の春には大体序列が大方決まっており、この時期に数ヶ月で上のクラスに上がるのは珍しく、ちょっとした快挙だった。その結果、直接受け持ちでない講師までtthgの名前を知っていている程だった。別にtthgの受験なんてどうでも良いのだが、自ら進んでやる努力とやらされている努力には明確な違いがある事は確かである。

コーチのやるべき事は命令してやらせる事ではなく、選手達が自ら進んでやりたいと思う環境を作る事だ。そもそも今の選手達に無理矢理やらせるやり方はあっていない。そこに昭和を持ち込んでも軋轢が産まれるだけである。

そもそも、これからの時期は、練習量より身体を整えるための休養が大事である。我々事務職だって体調不良で集中力がいる仕事はできない。増して繊細な感覚が必要なプロ野球の試合で結果を出すためには尚更休養は不可欠だ。そして、十分休養を取った上で、走り込みより先にやるべきはメカニック的な修正だ。例えば誠投手や伊藤投手は投げる球自体に良いものはある。しかし、その確率が低い。その確率を上げるための技術の習得ならば、必ずしも肉体を限界まで追い込まずともできる場合もあるはずだ。そして、肉体の負荷が低いトレーニングで習得できる技術を教えることこそコーチの役割りである。

そう言ったメカニック的な修正ではどうにもならない、あるいはメカニックの修正に必要な筋力がどうしても不足してるというなら、走り込みも一つの解である。しかし、そう言った肉体を追い込むトレーニングをするなら、試合からは一端離れてミニキャンプでやるべきだ。トコトン走り込んで疲労した時に試合で常時投げたら壊れてしまう。

リスク管理はチームおいて最重要項目である。それを無視してただ練習量を増やせという発想はリスク管理面から問題だ。まず何が1番効果的なのか、論理を尽くして考えなくてはいけない。幸いそれを考える材料は昭和に比べて格段に多い。それを上手く利用してチームを強化する逃しコーチの役割だ。残念ながら小野コーチの発言にはそうした発想は感じられない。非常事態にある獅子にまた一つ不安要素が増えてしまった。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

非常事態の獅子に不安要素がまた一つ。” に対して2件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    私の書いた記事がいきなり書いてあり驚いていますが、やみ速などでも書かれており、ファンも心配しているんだなと思いました。

     私は呆れた。の一言しか出てきません。そしてこの件だけはGMに?を出します。なぜ小野なのか。まあケチだからと内部で済ます。一番悪いところですね

     私も4年くらい前までは、TVを見るくらい、その頃は箱根駅伝を見ていました。W大のファンでただ言えるのは。学校自体ケチ、監督になっても金が出ない(学校の講師)は別ですが。何か似てるなあと思いました
    今カネにケチってはいけません。特にコーチは
     その結果今はA大のH氏やT大のM氏が活躍していますが、皆会社出身や、高校指導者といういろいろ経験がある。T氏は山下泰裕氏が勧誘したと聞いています

     そんな時代なのにまだバカなことをやっている球団ですから困ったものです。豊田氏がフリーなので帰ってくるのが一番いいですが

     くだらぬことを書いてすみませんでした。4/13は選手とハイタッチに決まりました。こういうことがないので良く分かりません、サンクスフェスタはありますが。
     怖いですがいよいよ開幕です

    1. tthg より:

      コーチをOBにこだわる必要があるのか疑問ですね。ましてや現役時代の成績が超一流でもなく、前回のコーチ時に投手成績が良かったわけでもないわけですから。

      ハイタッチ当選おめでとうございます。良い思い出になるよう勝ってほしいですね。

コメントは受け付けていません。