「福岡」の風の吹く丘 のブログ主さんの終了宣言は大変残念。

すおはようございます。朝から少し憂鬱な気分のtthgです。

先日、首都圏でプロ野球観戦(ライオンズを中心に)のブログ主さん(以下「首都圏さん」と表記します。)への対応を下記の記事でお願いした「福岡」の風の吹く丘 のブログ主さん(以下「福岡さん」と表記します。)から返答があった。

「福岡」の風の吹く丘 のブログ主様へご提案


返答の記事が下記である。


お願いした首都圏さんの謝罪記事への返答はあったが謝罪とは認めないというゼロ回答だった。tthgとしてはお願いしたことはして頂いたのでこれ以上福岡さんに何かをお願いする事はやめようと思う。本件の核心である首都圏さんの謝罪部分を否定されては手の打ちようがないからだ。本件は福岡さんから一方的な終了宣言がなされており、和解の道は事実上閉ざされてしまった。その事は本当に残念でならない。



ただ、本件はtthgもブログで記事を書いており、tthgのブログ読者様に対して報告の意味で福岡さんの記事へのtthgの見解を示したい。まず、福岡さんは最初に首都圏さんの記事を書いたのは首都圏さんへの批判ではなく個人的なつぶやきであるとしている。その根拠として首都圏さんの名前を出していない事を挙げている。しかし、これは流石に筋が通らない。ブログ村で見た記事について本人が見たら特定できるようにコメントして、ブログ村に投稿したら本人の目に触れてもおかしくないし、本人が見たら批判されたと判断するのが普通の感覚だ。

福岡さんは首都圏さんのブログは見ていないので反論があるなら福岡さんのブログのコメント欄で書くように求めているが、ご自身が本人のブログで批判的記事を書いている以上首都圏さんにその主張はできない。首都圏さんからしたら同じことをしているだけなのだから。

ただし、この指摘はtthgには当てはまる。ブログ村に投稿すれば福岡さんに見てもらえるという前提で書いてしまったが、確かにtthgとは直接の接点はない。その点はtthgの落ち度なので申し訳なく思う。ただし、こうして数日後には福岡さんもtthgの個人名を挙げているのだから、結果としてはtthgが福岡さんに向けて何か語った事は認識されている。その意味では結果的には問題とする必要のない事項である。

それから福岡さんが自身のブログのコメント欄で首都圏さんのブログにコメント欄がない事について指摘しているが、これは少なくとも福岡さんが言うのは不適切だ。福岡さんは首都圏さんがご自身のブログを読んでいるのだから意見表明の場は確保されている。首都圏さんのブログ読者がコメント欄を付けろというのは一定の説得力があるが福岡さんのそれは言い訳のように聞こえてしまう。

以上が福岡さんの回答へのtthgの見解である。なお。これはtthgのブログ読者への報告であり、福岡さんに何らかの対応を求めるものではない。なので福岡さんへのコメント欄への投稿もしない。兎に角こうした事態になり修復が極めて困難になってしまったことが残念というのがtthgの気持ちである。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村



twitterでフォロー

「福岡」の風の吹く丘 のブログ主さんの終了宣言は大変残念。” に対して20件のコメントがあります。

  1. 西武ファン より:

    首都圏さんと福岡さんの問題は両者で解決すべきで失礼ですがtthgさんが突っ込んでいくべきではないと思います。
    両者はお互いに過剰反応し合ってるところがあると思われるので、他の人が下手に触れると火に油です。
    tthgさんの首都圏さんの肩を持った発言が結果的に福岡さんの感情を煽ってしまった部分も無きにしも非ずかと。
    そういう意図ではなかったというのはわかりますが。
    今回のtthgさんの記事も蒸し返しにならないか心配で福岡さんのブログに直接訪問してコメントした方が良かったのではと思います。

    1. tthg より:

      ご指摘の点はごもっともな点もあります。

      しかし、本件は私の記事を首都圏さんが引用することで始まっておりtthgは全くの第三者ではないと考えています。

      特に私の記事と首都圏さんの記事を併せて読むと首都圏さんの書いた表題の意図は表現程には現地観戦しない事への排除でない事が分かります。

      その意味では福岡さんは私の記事も誤読しています。なので当事者として首都圏さんの書き振りについて意見しました。

      結果少なくとも首都圏さんが多少柔らかくなりブログ閉鎖要求を取り下げるという結果も出ていると思っています。

      本記事は福岡さんの記事が出た以上それに対する私の意見を聞きたいという読者もいると考えて書きました。少なくとも私が読者だったら福岡さんの回答があるのに何も発言しないのは責任回避のように受け取れるからです。

      煽りにならないように福岡さんへの対応を求めない事にしましたし、コメント欄への投稿も控えました。あくまでこの記事は私のブログの読者へのメッセージなので。

  2. くーみん より:

    発端がこちらの記事とのことで、管理人様が責任を感じていらっしゃること、
    重々伝わってきました。
    お互いのコメント欄でやり取りするのは、いかがなものでしょうか。
    前にも書いた通り、ネットの世界は奇々怪々で、成りすましや同一人物がHNいくつも使って
    書き込む等の悪質な「煽り」がいますので。
    今までにもコメント欄を開放して荒れ、それが原因で締めてしまったブログも
    沢山あります。

    基本的に他のブログについて触れるときは、いい面だけというのが大人のお付き合いだと思います。
    首都圏さんのとがった書き方は「嫌いだ」という人もいるかもしれませんが、
    「よくぞ言ってくれた」「スカッとした」という人もいるでしょう。
    ご本人もご自身の方向性を自覚していらっしゃるのでコメント欄を作らないのだと思います。
    人それぞれで、好きなブログにいけばいい話です。

    tthgさんは他のブロガーさんとも交流なさっていますし、その結果がブログ記事にもなったりして、
    拝見していて気持ちがほっこりします。
    これからもこのような交流を続けて行ってください。
    あちらが下りたので、この件はもうここまででいいのではありませんか。

    1. tthg より:

      コメントありがとうございます。

      互いのブログの批判はしないという姿勢については私もハッとさせられました。確かにそういう姿勢は大事ですね。

      私も出来る限りそうありたいです。ただ、球団批判出来る記事も書くのでブロガーだからすべて何も言わないとはできない面があります。今回のようにシブシブ書く必要があるときはあります。

      他ブログとの関わり方はこれからも検討課題としたいと思います。

      それから本件については私からこれ以上発言するのは控えたいと思ってます。首都圏さんのコメント待ちという面はありますがこれ以上荒れないようには最大限努力します。

  3. 越後の侍 より:

    残念ですがこの件はtthgさんには罪はないと思います。と言いながら書き込んでいますが、ブログとはそういう世界だし、福岡さんがそこでどうしてみるだけでは応援する資格はないの?とかそういう問いかけの仕方もあったと思うんです。それを考え方が違うとか言っても、そんなのは当たり前です。私だって人のブログを見て参考になることは十分にあります

     昨日もホテルの方と話していましたが、移籍で人気の陰りも心配されましたが、そんなことは全く無いようで、宿泊者もここ数年で異常な位増えたそうです。そんな中ライオンズのブログをこんな形で締めるのは残念です。
     日本人なんだから対話してもらいたいですね

    1. tthg より:

      色んな見方がありますからね。指摘された時に柔軟に対応されていれば大きな問題にはならないとこなんですが。今回はお互いの誤解がこじれてしまった感じで残念です。

  4. captain-fukuoka2 より:

    拙者はブログ村のライオンズカテが荒れるのは不本意であるため、いろいろ言いたいことはあるが敢えておとなしく身を引いたまで
    tthgさんは拙者の「終了宣言」が「大変残念」らしいですが・・・拙者と首都圏さんがお互い罵りあい激論しまくってブログ村のライオンズカテが大荒れするのが見たかったですか?

    1. tthg より:

      申し訳ありませんが罵りあいを勧めた覚えはありません。冷静に首都圏さんの釈明記事に対して真摯に向き合って欲しいと申し上げただけです。

      それに対して首都圏さんの釈明記事を全く受け付けないコメントをされては当方の望んでいる和解が成立しません。だから残念なのです。

      また、そちらが終了宣言をしたのでこちらもこれ以上は何も求めないと明言し、首都圏さんも手打ちにしようと言っておられる中、私のブログにコメントするのはブログ村を荒らす要因になりませんか?

      1. captain-fukuoka2 より:

        拙者が終了宣言したにもかかわらず、あなたが拙者を煽る記事を書くからですよ

        拙者が前コメントを書いた時点で首都圏さんの手打ち記事はアップされていません

        1. tthg より:

          首都圏さんの投稿との時系列は確認不足でした。申し訳ありません。

          私は対応は求めないと明言しております。それでも煽りなのでしょうか?仮に煽りなら一方的に私にに対して意見を言うならブログではなくコメント欄して欲しいと要望しながら終了宣言するあなたの記事も煽りです。

          私としては一方的に言うだけ言って終了されたので、こちらも立場を明確にして終わりにしようとしました。それで終わりでは不満なのでしょうか?どうしても終わりにしたくないと言われるならもう一度ご自身のブログてま再開を宣言して私の意見に対するご意見をお書きになってはいかがでしょうか。

          1. captain-fukuok2 より:

            「私は対応は求めないと明言しております。それでも煽りなのでしょうか?」
            対応を求めようと求めまいと、内容が相手を煽っていれば「煽り」でしょう

            「仮に煽りなら一方的に私にに対して意見を言うならブログではなくコメント欄して欲しいと要望しながら終了宣言するあなたの記事も煽りです。」
            言ってる意味がよくわかりません

            これは拙者と首都圏さんの問題です
            首都圏さんの記事タイトルに反応しての拙者のブログ記事でした
            「こちらも立場を明確にして終わりにしようとしました」
            今回の件に関してあなたの立場って何ですか?
            立っている場所がありましたか?

          2. tthg より:

            当方の言葉をご理解頂けないようですので、これ以上お話しても不毛と思います。もうこれ以上こちらから何も申し上げる事はありません。

  5. キングレオ より:

    首都圏でプロ野球観戦のような有害な人物こそブログを止めて欲しいです。
    差別発言のオンパレードですからねあそこは。
    西武ファンの恥ですよ奴は。

    1. tthg より:

      首都圏さんの日頃の発言が問題だという話は私のブログとは今のところは無関係なのでここで議論されても困ります。

      ご容赦下さい。

  6. 川越獅子流れ より:

    tthgさんは福岡みたいな荒らしの相手をしないでください。

    私は楽天が大嫌いになりましたが首都圏さんは楽天に容赦ないから好きです。

    福岡と信者はお二方を嫌いなだけて荒らしています。

    相手をする必要なし。

    1. tthg より:

      そうですね。全く話を聞く気がないようなのでお相手できません。

      残念です。

  7. マスティ より:

    はじめまして。

    一連の騒ぎを見ていました。

    貴兄の野球場での観戦が最高という意見は当然です。
    ただ、どちらかと言うと行かない人が多いから、新潟在住で千葉まで出掛けられた貴兄、さらに同じ試合に行っていた首都圏氏に痛いところを突かれた福岡某が暴走しただけ。
    これが今回の顛末ですぬ。

    貴兄と首都圏氏が理路整然と語る中、挑発や暴言とコメント欄にまで押し掛ける愚かさを目の当たりににして呆れています。

    しかし、貴兄も首都圏氏もブログ村ランキングで福岡某を圧倒していることが正義の証。
    みんな福岡某を支持していません。

    これからも福岡某など横に置いてブログを書いてください。

    心配なのは福岡某はブログ村にしがみついていくこと。
    誠意がない、理解力がない、たぶん記憶力もないと思われるので居残る気がしています。
    あれは平気で嘘をつく人間ですから。

    1. tthg より:

      コメントありがとうございます。

      結果としてブログ村にて騒動になってしまいました。いつまで本件で時間を取るのも生産的でないので野球とライオンズに力を注ぎたいと思います。

  8. くーみん より:

    上の福岡さんのコメント、成りすましかと思ったらご本人からだったんですね・苦笑
    これはもう、何をかいわんや。
    ご本人のブログを見に行って、ビックリしましたw
    ここまで言うのは今まで遠慮していましたが、大人の対応でしょうか。
    恥ずかしいとしか言いようがないです。

    首都圏さんもこちらの管理人さんも、もうこの手は相手にしないに限りますね。
    これからもなりすましや荒しが来るかもしれませんが、
    毅然とした対応をなさってください。

    1. tthg より:

      くーみんさんにも色々と建設的なご意見を賜り感謝しています。

      しかし、結果がこれだと悲しいです。本件はこれまでとし、いつものブログに戻します。これ以上何かあればコメントの承認制なども検討します。

コメントは受け付けていません。