野球界も暴力のリスクがいかに高いかを自覚すべき。

おはようございます。暴力が嫌いなtthgです。

高校野球の強豪校春日部共栄高校の本多監督が部員に暴力をふるったというニュースが流れている。暴力をふるったと言っても経緯やその態様、頻度などによりその評価は変わってくる。先日は高校生が教師を挑発して暴力をふるわせ、その動画を撮影してネットに流すという事件が起きている。本件などは暴力をふるった側に同情的な意見がメディアにもあるようだ。だから、詳しい事情を知れば春日部共栄高校の件も監督に同情できる点はあるのかもしれない。


しかし、それでもtthgはいかなる理由があろうとも暴力をふるった時点で「アウト」と考えている。なぜなら、「暴力のリスク」が極めて高いからだ。指導としての暴力が必要か否かという問題は議論の余地があるとしても、今の世の中「暴力をふるった」と報道されることは極めて印象が悪い。特に過去に体罰が常態化してきたという話が公然と語られている野球界にあっては、「暴力があった」というだけで理不尽な暴力を想起されてしまう。またメディナの発達で個人で動画や録音を勝手に公開して、暴力をふるった方に同情の余地がある案件でも「理不尽な暴力」と誤解させることが可能である。

このような状況でなお「暴力」が指導に不可欠なのだろうか。少なくとも、上記のようなリスクを負ってまで暴力が必要だという理屈をtthgは見出すことができない。指導が必要ならトコトン話し合えば良い。それでダメなら、部員に謹慎や退部といった必要に応じた処置を取れば良い。仮にそんなことをしたら部員がいなくなってしまうなどと考えている監督がいるなら、残念ながらその人は監督に必要な資質を欠いている。言葉で指導して部内を統率できない程度のコミュニケーション能力しかない人物は組織の長としてふさわしくないだからだ。

スポーツの世界は伝統的に「体罰」を美化する傾向がある。桑田真澄氏の著書によれば、太平洋戦争中に敵国のスポーツである野球を守る目的で、野球を「軍隊の兵隊を育てるのに有用」とアピールするために暴力が入ってきたと言われている。そんな歴史的な背景から、野球界は特に暴力を容認する傾向があるようだ。だが、もはやそんな時代ではない。体罰が選手を成長させるのだとしても、もはやそのリターンがリスクに見合わない時代になったのだ。(個人的には体罰がなくても指導には支障はないと思っているが。)その事を自覚した時に、暴力は追放するに限る。

プロアマ問わず、理由を如何によらず、暴力をふるったことが明るみに出た者は野球界から永久追放。それがぐらいドラスティックにやって根本から変えていくべきである。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村


twitterでフォロー

野球界も暴力のリスクがいかに高いかを自覚すべき。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    まずは昨日の件について、お詫びします。なんとかして秋山選手を止める。チーム、ファンもそうしなければいけませんね。反省します

     さて、本題ですが、ほぼ同じ意見です。春日部共栄の本多監督は選手としても活躍し(確か高知高校)ユニフォームも母校からとった位、野球に関しては厳しい人だろうし、相当部員が怒らせることをしたのでは、と考えています。
     しかし、現代は暴力行為はアウト、時代に反するし、学校に対する不信感もあると思います。言われるように今の時代は対話の時代、優秀な指導者だっただけに残念です。
     話をすれば、わかる子は分かります。そういう姿勢で教えていく必要がありますね。プロも同じです。手は出してはいけないし、高校野球も以前からの暴力体質が直らないのが残念です

    1. tthg より:

      部活の場合聞かない奴はレギュラー落ち、ベンチ入り禁止、練習参加禁止、退部と体罰以外の罰を加える事は容易ですから尚更ダメです。義務教育などで停学、退学、教室から退去命令とかやると大きな問題になるのでなかなかできません。それを考えてもNGです。

      1. tthg より:

        秋山選手の件は特に気にしないで下さい。私もほぼ引き止め不可能とは覚悟してます。ただ諦めきれないだけなので。

  2. 越後の侍 より:

     余談ですが。私にとって高校野球はTV観戦でしたが、小学校の頃から見ものでした。
     2年では星稜箕島の延長18回、3~5年は大輔フィーバー、金村、やまびこ打線、そして6年から中2にかけてはKKコンビ、高1ではPL黄金期とこの時代は西武とともに、甲子園を見ていました
     そんな中、延長15回制、13回からのタイブレーク制とこれも時代が変わっています。でも投手複数人制を敷いたのだから延長は18回までやってほしい、そしてそれこそが名選手が誕生すると私は思います
     最近の高校野球はイマいちという感じです。やはり名選手も少なくなりましたしドラマが無くなったと思います。やはりそれも選手監督の距離感の違いもあると思います

    1. tthg より:

      18回はあまり賛成できません。そうなれば勝ちたい監督がまた悲劇のヒーローを作り出します。最低でも球数制限も併せて導入すべきです。

      それから、18回が物語になるのは1人で投げ切るという点にあるように思います。複数で投げてもあまりイマイチ感情移入できないという結果になる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください