今年獅子おどし打線の怖さを持続するポイントは源田選手の長打力。

おはようございます。やっと体調が正常化しつつあるtthgです。

昨年獅子おどし打線と恐れられたライオンズ打線だが、一般にイメージされるストロングポイントは山川選手や浅村選手のホームランやタイムリー、秋山選手のヒット量産だろう。しかし、tthg的には本当のストロングポイントは別にあると思っている。


もちろん、山川選手、浅村選手、秋山選手が重要でないとは言わない。彼等の戦力値大きく、だからこそ浅村選手の離脱に心を痛めるのである。しかし、1.3.4あたりがしっかりしているのは強いチームとしては当たり前である。それだけでは歴史的な破壊力にはならない。それ以外の打者が打てるから防御率最下位から優勝という快挙を成し遂げたのである。
外崎選手、森選手、栗山選手、中村選手と脇を固める選手達が他チームのレギュラーより打てる選手だから史上最高打線になった。その意味で今年も彼等の働きは重要だ。その上で大きなポイントは源田選手の長打力の維持だとtthg的には考えている。

去年1番打線が機能していたのは4月である。この月源田選手の長打率はなんと5割。この源田選手の長打力は打線の厚みを大きくました。秋山選手が出られなくても源田選手が長打を打てば浅村選手、山川選手の前に得点圏にランナーをおける。下位でチャンスを作って秋山選手を敬遠気味に歩かせても源田選手の長打で大量点。それを嫌がって秋山選手と勝負しても打たれる。源田選手の長打力にはこうした悪循環の中に相手を落とし入れる効果がある。

しかし、この長打力は5月以降なりを潜め、9月に長打率4割と少しを記録しただけだ。今年浅村選手の穴を埋めるには、栗山選手や中村選手のがある程度通年で働く、若手の台頭、外崎選手の飛躍などが必要だが、源田選手が年間通じて長打力を維持するというのも一つのポイントである。誰か1人で浅村選手の穴を埋めるのは難しいが皆で少しずつ埋めるならハードルは低くなる。その一つの要素として源田選手には年間通して長打力を維持する事は重要だ。昨年4月の長打率5割は行き過ぎにしても、9月の4割を通年で維持してくれたら打線の維持という意味では大きい。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村


twitterでフォロー

今年獅子おどし打線の怖さを持続するポイントは源田選手の長打力。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    源田の長打力、これは魅力ですね。とにかく調子のいい時は3塁打で源田たまらん、とスタンドが盛り上がります。私も1番の出塁は勿論ですが、彼が打つことにより、チームが乗ってくる。そんな気がします。事実天王山もそうでしたし、CS第2戦もそうでした。源田の出塁イコール、チームが乗り相手にプレッシャーをかけることが出来ると思います。

     でも勿論彼にばかり頼ってはいけない、出来れば山野辺あたりが出てきてくれればと思うし、外野は木村が覚醒すればと思っています。木村はあともう少し、見ていてそんな気がします。そうなると若手台頭が加わり、いいチームになると思いますが。まあ私の考えは甘いですから。余談ですが私の引き出しから91年のライオンズ後援会の会員証が出てきましたので大事にとっています。昨年のレオマント人形も着きました。あとはパズルだけです。(炭谷以外)浅村は残念ですがまあ秋山がいるからと思って買いました。去年はもう通販はアウトで、監督と雄星を持っています。少しでも西武に残ってほしいです。そう願望を込めて買いました。

     おそらく私の開幕は、4月のオリかバンク戦だと思います。その後交流戦ヤクルトかオリかそして9月のロッテ、そうなると思います。楽天は勝ち負けを除いても行く気になれません。

    1. tthg より:

      打線はみんなで少しずつカバーという意識が大事と思います。木村選手あたりの活躍は大事です。

      グッズは色々悩みます。せっかく買ったのに来年は使いたくないグッズは嫌ですね。

      こちらも遠征は計画したいのですが未だに公式戦の開始時間が未定なのがネックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください