聖闘士星矢のフィギュアで野球のシミュレーションをした思い出。

今晩は。昔を振り返るtthgです。

今日はtthgの昔話をしたら妻がバカウケしたのでその話をしたい。時は、tthgが小学校低学年の頃。当時tthgは視力が落ちるという理由でテレビを制限されていた。ライオンズの全国中継がある時は親と交渉して2時間視ていたが、基本的には時間を持て余し気味だった。特にラジオの野球中継がないオフシーズンが持て余す時間が長かった。テレビゲーム以外の娯楽と言えば漫画ぐらいだったが、漫画も小学生の小遣いで買える量は限られているので飽きてしまう。そこで思いついた遊びが聖闘士星矢のフィギュアを使って野球のシミュレーションをするという遊びである。


聖闘士星矢は当時爆発的な人気があり、tthgも周りの友達が持っているキラキラしたフィギュアを欲しくなり買ってもらっていた。しかし、フィギュアを飾ってもなんの感動もない。tthgには動きのない人形を観ても何も感じない人間だったのですぐに飽きてしまった。だが、この人形が当時的には凄く精巧にできており、肘、肩、膝といったパーツに可動域があった。それが野球の動きを再現するに適していた。ハッキリとは覚えていないが、一番初めはフィギュアを使って投手の投球フォームを再現するということだったと思う。これは動きがあるのでtthgにはたまらなく面白かった。そのうち、バッティングも手打ち野球の要領で再現してみたりしているうちに、部屋のカーペットを球場に見立てて「試合」を行うようになった。

試合のストーリーは当時ハマっていた「山下タロー君」という野球漫画を基礎として、「面白い試合」を自分で考えてフィギュアに再現させていた。正直外から見たら「何やってんだ?」と思われるような奇妙な人形遊びだったが、試合のストーリーは無限に考えられるので飽きなかった。所詮は当時技術でつくられたフィギュアであり、それが野球の動きを忠実に再現するものではなかった。しかし、自分の頭の中にある試合のストーリーを可視化できるという点に面白さがあったので、人形の動きの拙さは特に問題ではなかった。この遊びは結構長くやっており小学校高学年ぐらいまでやっていた記憶がある。

tthg的に野球の一番面白いところは「考えることが多いスポーツ」であることだ。サッカーやバスケットはプレーの途切れる時間が少ないので観戦しながらじっくり作戦を考えるという時間が少ない。野球は1球ごとに打者心理、投手心理、捕手心理、監督の作戦、次打者の実力、代打の実力、控え投手の実力などいくらでも考えるべき事がある。次の状況を想像し最適な作戦を考える。その時間が楽しいから野球が楽しいのである。そんなtthgだからこそ、聖闘士星矢のフィギュアで野球シミレーションなどという遊びを楽しめてしまったのだ。それは、今毎日に野球ネタを考えブログを更新する事にも通じるものがある。

そんなわけでこれからも野球を考えることを楽しんでいきたいと思う。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村


twitterでフォロー

聖闘士星矢のフィギュアで野球のシミュレーションをした思い出。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    小学校低学年の頃から、そこまで発想を飛ばし、野球にこぎつけるとは凄いですね。別におかしいとは思いません。

    むしろ自分の方が殆どアニメを知らない方が変だと思います。でも兄の影響か、スポーツは全然していませんが、ドカベンだけは見ていましたね。西武ファンを辞めなかったのには、アニメの主役が西武入りだったことと、私が子供のころから異常なくらい西武ファンだった、巨人ファンを相当敵に回しましたが。でもいろいろ楽しみ方があっていいと思います

    確かに野球は心理戦、特に昨年は何が起こるかわからないことを知らされ、ますます野球ファンになりました。
    今の現状、試合終了後に球団歌が流れ皆で歌っていること、ファンはどう思うでしょうかね。私は賛です 
    今季は声を潰すのもいい、だけどもう少し、ここがああだったらというように角度を変えてみるようにしたいと思います
    しかしながら自宅はBS無料放送までなのであしからず

    1. tthg より:

      家庭環境的に遊びが限定されていたので仕方なくという感じで編み出した遊びです。

      でも、画面越しに色々考えるだけでなく、球場行って絶叫するのも好きです。最近はブログ書くために球場でもスマホでメモは欠かせませんが、試合が盛り上がってくると絶叫してます。お互い今年もライオンズに熱狂できるといいですね。

  2. 越後の侍 より:

     一言だけ、絶叫して応援する、それは私にとって2016までは考えられませんでした。ベンチサイドシートにいても、売り子さんとお客さんの声だけ、2017年からかな、すべてフィールドビューで見ましたが前半の応援はそんなではなかったです。ただ炎獅子をもう一度のホークス最終戦は皆が絶叫していました。
     2018はフィールドビューに応援に合わせる誰かがいるのではないかと思う位、外野と一体化してました。天王山の2戦目はS席でしたがお客さんには気を付けていましたが、旗を振る人、声援を送る人が増え正直驚いています。

     でもやはり球場に行くからには、応援して帰ってこないとチケット代と旅費が合わないので今年も、チャンステーマ4と旗を振っての応援で声を枯らしたいです。でも西武のチャンステ4であれだけ声が枯れるとは思いませんでした

    1. tthg より:

      最近の盛り上がりはすごいですからね。周りに合わせつつその範囲で熱く応援したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください