炭谷選手の退団コメントを読みながら考えた一番多くのファンが反感を覚えないFA退団コメント。

お早うございます。早起きに成功して朝ブログを更新しているtthgです。

昨日炭谷選手の退団挨拶が下記の通り球団HPに掲載された。これによると、ファン感であいさつできなかったことを謝り、その理由は「ファン感の後渡辺SDに会って話す予定になっていたため、順番を逆にすることができなかった」とのことである。
https://www.seibulions.jp/news/detail/00002259.html
これを読んだtthgの素直な感想は「完全に事実だけを伝えているわけではない。」である。
下記の通り報道によれば、16日には巨人との交渉が済んでおり、その時点で炭谷選手は「長引かせたくない」とコメントしている。
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/baseball_lions/article/466262/
このことからすれば、23日のファン感の前にSDへ結果を報告するようなスケジュールを組んでその前に決断することは難しくないはずだ。しかし、炭谷選手はあえてファン感の後にSDに報告するようなスケジュールを組んでいる。ファン感での無言は確かに「スケジュールの都合」だったのだろうが、そのスケジュールを組んだのは炭谷選手本人であり、「ファンの前で直接話すことが辛かった」という本音が見え隠れする。



tthg的にはファン感で直接言い訳に聞こえるような挨拶をするより、イベントが終わってから粛々とコメントを出す方が印象が良いのは確かだ。しかし、もっとよい方法はあったと思う。それはもっとストレートに「応援してくれたファンの皆様には移籍により迷惑をかけることを申し訳なく思っている。ファン感で直接ファンの皆様の前で話すことすらはばかられたので、挨拶することすらできなかった。自分の意志で退団するのだから、今まで応援して頂いた方から厳しい目で見られることは覚悟している。しかし、どうしてもプロとして○○が大事だったので移籍することにした。ファンの皆様に対してはただただ申し訳なく思っている。」と語ることだ。

昔、巨人からヤンキースに移籍した松井秀喜氏が「出ていくわけですから、ファンの方に恨まれるのは仕方ない」とコメントしていたが、tthgはそれが一番FA移籍のコメントとしてしっくりきた。彼は巨人ファンを含めて「日本で最後までやることがもったいない」
と思える器で実際数少ない野手でメジャーにおいて成功した選手だ。松井氏程の器のメジャー移籍なら流石にtthgが巨人ファンだったとしても「仕方ない」と思う。しかし、松井氏は「ファンに恨まれること」を覚悟していた。口数は少なく淡々と「恨まれても仕方ない」という覚悟で本音を語る。それが一番多くの人に受け入れてもらえるように思う。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

twitterでフォロー

炭谷選手の退団コメントを読みながら考えた一番多くのファンが反感を覚えないFA退団コメント。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    確かにそうですね
    オフィシャルサイトで見ましたが、あの発言をファンフェスタで言ってほしかったというのはそう思います。あの内容を聞けば、浅村とは全然違い、球団愛、そしてファンを大事に思ってくれた。だからこそファンフェスタで言ってほしかったですね。
    あそこで辻監督がいじっても、決して悪いようには言わなかったはず。でも今思うと去年の野上も何も言わずに去って行ったなあと思います。巨人と言いずらいのかな、嫌そんな事は無い筈。あれだけチームのことを思い昨年まで選手会長をやっていたのだからそこは残念です
     まあ、あとを言っても仕方ないです。監督が行った「若手よいつやる」に奮起を期待したいです
     これについては反対意見があるので、どう思うかですが、稼頭央には若手を育ててもらいたい。潮崎さんの評価がいまいちだったし西武で骨を埋める覚悟で頑張ってほしいです

    1. tthg より:

      炭谷選手には事情が事情だけに皆ある程度は仕方ないと思ってもらえると思います。なのでもうすこし振る舞い方を上手くやって欲しかったです。

      ご指摘の通り若手には頑張ってほしいですし、せっかく戻って来てくれたのだから松井稼頭央監督には頑張って欲しいです。

この投稿はコメントできません。