去り行く者たちの言葉に複雑な気分思いをいだき、辻監督のあいさつに救われたファン感。

おはようございます。ファン感でいろんなものがスッキリしたtthgです。

昨日はブログでも予告したようにファン感に参加してきた。結論から言うとみのりは大きい遠征だった。妻と娘はお気に入りの栗山選手と金子選手のトークショーを堪能し、tthgはいつもTwitterで仲良くさせて頂いているsinddarさんとのリアルトークを楽しんだ。グッズのガチャコーナーに並びながら一緒に並んでいたsinddarさんや娘と「浅村のグッズがでたらどうするか?」などと半分冗談で話していたのも良い思い出だ。しかし、浅村選手を筆頭に去り行く方々の姿に色んな思いが込み上げてきた。



まずは、浅村選手のあいさつ。ほかの方がどう聞いていたかは分からないが、「全く本音が見えなかった」。内容は建前に終始していて当然タンパリング疑惑を払拭するようなものではなかった。そして、何より「気持ち」が伝わってこなかった。引退する松井選手、坂田選手、藤原選手の言葉には「ファンへの感謝」や「現役を終えることへの複雑な気持ち」がしっかり表現されていた。あの場にいた者ならば浅村選手とそれ以外の選手に空き明らかな温度差があったことは否定できないはずだ。浅村選手が口下手というのはあるにせよ、坂田選手や藤原投手がとりたてて口が旨いわけでもあるまい。何より、気持ちがこもっているかは口が下手でも伝わるものだ。どこか台本を読んでいるような挨拶には残念という他ない。

一方菊池投手は口数は少なくなんとなく後ろめたい気持ちがあるのかなと思わせる態度だった。ある意味浅村選手と似たようなものだったが、決定的に違ったのは周りの選手たちの反応である。周り選手たちが仮装してDA PUMPの「USA」を踊ってしゃれた演出で「頑張ってこい」というメッセージ。浅村選手にはなにもないことを考えると選手達の思いは明らかに菊池投手に好意的だった。tthg的には周りの選手には「来年日本一になるために残ってください」と言ってほしいところだが、入団の経緯を含めメジャー移籍は納得できるストーリーなのだろう。

2人とは対象的だったのは炭谷選手。パレード・ファン感共に無言を貫きイベント終了直後に球団から「移籍」の発表があった。tthg的に一番納得できるのが炭谷選手の態度だ。移籍経緯も出場機会の減少という一番納得できる理由だし、「去りゆくものが何をいっても理解してもらえない」と割り切り無言を貫く態度は立派だった。いくら「感謝」しようとも主力選手の移籍がファンの心を一定程度傷つける現実を考えれば下手な挨拶より潔いとtthgは考える。

去り行く人たちに対していろんなことを考えたファン感だったが、最後の辻監督の態度は素晴らしいの一言だ。皆腫物触るかのごとく接していた菊池投手と浅村選手の移籍についてはっきりと「痛い」と明言し、敵になる浅村選手には「インコース気をつけて」と敵として認識する発言。(炭谷選手はこの時点では公式には未定という状況なので言及無し。)そして、「残りの選手が頑張ればこの穴は必ず埋まる」「(若い選手は)チャンスであり、今やらなければいつやるの」と来季へのゲキを飛ばした。

この辻監督の発言でtthgの心はだいぶ救われた。「二人の移籍が痛い」とファンの痛みを代弁してくれた。その上で既存の選手たちにゲキを飛ばすことでその解決策を提示してくれた。ファンとしては補強して欲しいわけだが、現場責任者としてはその権限はない。その中で監督としてできることをしてくれた。厳しい現実の中、できることを頑張る辻監督の姿に「いつまでも移籍への恨み言だけではダメだ」という思いを抱くことができるようになった。FA改革や流出体質の球団への提言を止めるつもりはないが、これからはもう少し来季に向けた未来志向で記事を書いていきたいと思う。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

twitterでフォロー

去り行く者たちの言葉に複雑な気分思いをいだき、辻監督のあいさつに救われたファン感。” に対して2件のコメントがあります。

  1. 越後の侍 より:

    全くその通りです

     ホテルでの宿泊者の方も同じことを言ってました。辻はいいことを言った。あれだけ言えばファンだって納得するだろうし
     私も浅村の挨拶には?と思う部分がありました。球団愛は微妙だったし、ファンに対しての愛情は全く感じられなかったです。あれでは3を着ていったユニの方が可哀想でした
     私はこれで吹っ切って、辻さんが就任した時に若手よ奮起せよ、またそんな感じになりますがでも必ず若手は出てくるそう信じます
     サードユニ、宿泊者に聞いたらうーん微妙、って言ってました。昔の色がみんないいんですね。
     でもせっかく作ったんだから、イエローみたいにならなければいいです。あのころはここにきてませんでしたが、最悪だったと言いますから
     最後に、この前の十亀投手の件ですが9/8の埼玉フェスタの時、2回8失点の時「もう使えん」その発言が気になっただけです、まあフェスティバルあたりから調子が悪かったし熱男にはいつもやられるし。私も気になる面はあったのですがあれはちょっと言い過ぎかなと思っただけです。

    1. tthg より:

      十亀投手については厳しめに言われるのは仕方ないですがメディア相手に言う方法が良いかは微妙です。今の時代直接言う方が伝わる気がします。

      間接的にメッセージを送る手法は痛みが和らぐという面もありますが、信頼関係を損なう場合もありますから。

コメントは受け付けていません。