この時期になる毎年考える監督の評価方法への疑問

スポンサーリンク



Pocket

お早うございます。仕事と家の用事が重なり野球に時間がとれないtthgです。

今年も来季に向けて監督の辞任が話題になる時期になった。今年は阪神金本監督、巨人高橋監督という知名度の高い監督が辞任を表明した。彼らの監督解任報道を見ると去年伊東監督がロッテを辞める際に書いた下記の記事で指摘したように監督の評価方法に対して疑問を感じざる負えない。

セについては試合を観ていないのでtthgが不勉強なだけかもしれないが、上記2球団の成績は監督の責任とは思えない。少なくとも一方的に監督が辞任に追い込まれるほど戦力が整っていたとは考えにくい。例えば阪神は打線の中軸として獲得したはずのロサリオ選手が全くダメだった。結果チーム最多本塁打は糸井選手の16。100試合以上でた選手の中でOPS上位二人は福留選手と糸井選手で彼ら以外にOPSで8割越えはいない。そして彼らはベテランで20試合以上の欠場がある。それで終盤までCS争いしていたのだから監督はそこそこ頑張っていたぐらいの評価であるべきだ。

巨人高橋監督に至っては、GMの鹿取氏が「高橋監督をサポートしてやれなかった」とコメントして辞任している。

フロントで戦力に関して責任を持つ立場の人間が、明確に戦力不足と認めているのだから監督の責任を問うのは基本的におかしい。それでいて負け越しとはいえCSに進出したのだから監督としては十分責任を果たしているというべきだ。監督は戦力を生み出す魔法の杖ではないのだから、監督の評価は自軍の戦力を比較してチーム成績が妥当かという観点でなされるべきである。

そのような観点から見ると、日本ハムの栗山監督は名将と言って良い。あれだけ毎年中核となる選手が抜けていくのに7年間で優勝2回Aクラス5回は立派という他はない。辻監督も少ない戦力をやりくりしていたとは思うが、今年の日本ハムを一時ゲーム差なしの2位までもってきて3位フィニッシュは辻監督のやりくりを上回る凄さだ。日本ハムの育成力という後押しはあるものの、1軍実績のないものを使いこなす力は相当なものだ。少なくとも今年の12球団の監督の中ではダントツに評価されるべき監督とtthgは考えている。

ちなみに、サッカーの世界で「強豪」と言われるヨーロッパ各国のリーグでは、下位の戦力不足と思われているチームを上位に引き上げた監督は多額の契約金と共に優勝を争えるチームに移籍していく。その評価方法が本当に正しく行われているかはともかくとして、「戦力に比較して」監督の能力を評価するという視点が確立していることは事実だ。なにをもって戦力を比較するかという点は議論の余地はあるが、少なくとも戦力の違いを無視して結果だけで監督を評価するのはおかしいことだけは間違いない。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村
 

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください