この記事へのコメント

  1. はじめてコメント失礼します。

    個人的には多和田続投一択だったと思います。
    確かに前半には併殺で流れを悪くしていました。エラーもあり、多和田も被弾してしまい2失点。
    それで回ってきた6回のチャンス。
    高い確率でモノにできるなら代打起用は賛成ですが、メヒアが体調不良でベンチにいない、森・栗山・斉藤はスタメン出場。
    確かに打撃好調な岡田・炭谷という選択肢もあるかとは思いますが、その後の6回から継投に入らなければならないということを考えると、確率的には7回の秋山からの攻撃に賭けた方が良かったかなとは思います。
    打撃好調な岡田・炭谷としてもそんなに確率が高いわけではないので・・・以前の大崎のような選手がいればとは思いますが・・・
    飯塚を5回でスパッと代えたラミレス采配。お見事でした。

    1. コメントありがとうございます。

      私としては代打も絶対の正解ではなく難しい判断という立場です。捕手2人について言えば、少ない打席で結果を出している上今年は開幕2ヶ月たっても一定の結果を残しているので信頼度は高いと思います。ただ、この代打での結果ではないですし、ご指摘の通り信頼できないという判断もありだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください