FA資格選手の「調査」とはタンパリングではないのか?

スポンサーリンク



Pocket

ライオンズのFA有資格者である野上投手について阪神が「調査」を開始したとの報道が出ている。
前から疑問なのだがFA有資格選手を「調査します」と宣言することは実質的なタンパリングではないのか。この時期に殊更に「調査します」ということは実質的なオファーであり、FA資格者に宣言を即す効果は確実にある。

記事を見ると、阪神側は、「先発投手が補強ポイント」と言っているだけで「野上投手」とは断言していないので「勝手に新聞が書いただけ」と反論するのだろうが、それを訂正しなければ、実質的なオファーと同じ効果がある。仮に阪神側に実質的オファーの意図がないならば、はっきりと「野上投手を調査しているとは言っていない」と新聞各紙に反論すべきである。それがないなら、実質的なオファーを送っていると解されても仕方がない。

それから、「調査」とは何を意味するのか。過去の成績、投球内容、などのチェックのことなのか。今シーズンFA取得が分かっている投手を本当に全くゼロから調べるとしたら、編成部がお粗末としか言いようがない。FA宣言の可能性のある投手についてはある程度調べがついていなければおかしい。今の時期になって「野上投手クラスについて宣言したら欲しいか否か即答できない」編成部だとしたらそんな編成部は総入れ替えすべきである。

もし仮に、野上投手の過去の投球内容以外の事情、例えば、「FA意思の有無」「望んでいる待遇」「希望球団があるか」などを「調査」するのだとしたら、野上投手の近くにいる人間に接触しなければならない。やり方にもよるが、これを行えば野上投手に獲得の意思が間接的に伝わる可能性が高くタンパリング的要素はさらに強くなる。

今の制度を維持する前提なら、FA有資格者に関するは調査はトップシークレットで行うべきであり、「調査している」と公になった時点で当該球団は獲得資格がないようにして欲しい。もちろん秘密に関係者に接触するなどもってのほかであり、純粋に公開されている資料からFAしたら獲得するか否かを検討するに留めるべきである。

今年の岸投手に対するブーイングには、イーグルスがタンパリングしたのではないかという疑惑が少なからず影響しており、それに近いことが行われている現状が球団間やファンの間で不信感につながっていることは否めない。

個人的には、FA有資格者は年数が来たら自動的にFAとなる制度が一番良いと思っている。シーズン終了と同時に有資格者がFAとなり、各球団がオープンに条件を提示すれば、タンパリング疑惑という遺恨が残らず、スッキリすると思う。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください