FA移籍とポスティングを検討している選手に知って欲しいこと

スポンサーリンク



Pocket

シーズンも終盤になり、来季以降のFAやポスティングの話題がチラホラニュースになる時期になったが、ライオンズも菊池選手がポスティング志望、牧田投手、野上投手がFA資格があり、移籍の可能性がある。プロ野球はドラフト制のため好きな球団に行けないという制約があるから、。色々理由があって移籍したい気持ちもわからなくはない。しかし、移籍する前に少し考えてもらいたいことがある。

それは、「自分が貰ってきた一般人からしたら、一生かかっても手にすることのできない年俸は、多くのファンが少ない給料の中からチケット等を買って拠出したお金に支えられている」ということである。ファンは自分の夢や希望をのせて応援している。それに対してどんな理由であれチームを去るということはファンが心の傷を負うということである。FAやポスティングで移籍する選手は大抵チームの主力であり、その選手の移籍はファンの心は落胆で満ち溢れる。そのファンがチケット等を買って自分のプロ生活を今まで支えてくれたという事実をもっと重く受け止めて欲しい。

どうしても、移籍したいと言うならば、できるだけ多くのファンが納得して拍手で送り出せる状況を造って欲しい。例えば、松井秀喜選手やイチロー選手、ダルビッシュ投手、松坂投手、田中将投手など、日本で突き抜けた実績を残し、チームに多大な貢献をした後に、メジャーへ移籍するパターンは多くのファンが納得すると思う。「これだけの選手なら、世界に出て勝負してもらいたい」という気持ちを持つファンも多くいるはずだ。少なくとも私はこのパターンなら致し方なしと思っている。ちなみに、菊池投手はまだ貢献が足りない。実質1シーズンエースとして働いただけでは、「世界に出してあげたい」とは思えない。

一方最悪なのが、パリーグの他球団に移籍するパターンである。岸投手や涌井投手は正直ファンに対する配慮全く感じない。そもそも、FA自分が抜けて戦力ダウンになるのに、同一リーグに移籍されたら、さらに移籍元の球団を痛めつけることになる。ファンへの配慮があるなら、どんなに高給を積まれても同一リーグへの移籍は避けて欲しい。

是非、これから移籍を検討しているライオンズの選手には、メットライフドームに足しげく通うファンの顔が笑顔で送り出してくれるのかという視点を大事にして欲しい。

ライオンズに関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロ野球に関する他の人気ブログはこちら
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

Twitter では更新情報のほかに、気になったニュースなどについてつぶやいてます。よろしければこちらもご愛顧ください。

この記事へのコメント

  1. 岸の場合は元々楽天、巨人も手を挙げた中から西武を選び10年いてくれたこと、西武ファンはよくわかっています
    地元中の地元に新球団が出来惹かれる中、長く見ていてくれた西武スカウトへの恩を返しに来た
    快く地元に送り返したからそれで、もうそれでいいんじゃないですか?

    1. コメントありがとうございます。
      憧れている球団に行きたいって気持ちは理解できます。記事には書きませんでしたが、清原選手の移籍にはどちらかというと好意的ですらあります。
      ただそれはドラフトで強制的に入団させられたケースに限ると思います。
      希望枠で選んだらのだから、それこそスカウトだけでなくプロとして育ててくれた球団にも恩義を感じて同一リーグに移籍するのは避けて欲しいですね。
      tthg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください